江坂・立川・青森あちこち

2007年狩人解散

西津軽郡鯵ヶ沢町 「グランメール山海荘」

「あずさ2号」の兄弟デュオ狩人が、2007年いっぱいで解散する。狩人としてのディナーショーは、「ファイナル」と銘打っている。解散は、2007年4月に発表されたが、さして反響があった様子もない。

愛想のいい弟と、終始ムッとした表情の兄。不仲は明らかだ。
会場の外で弟だけが、ソロCDの手売りをしていた。

弟はサービス精神旺盛で、笑い皴が張り付いた顔は、弟のほうが老けてみえる。TOKIOのリーダー城島に似ているな。

【その後】
2012年ビジネス再結成。
志村けん旅番組ロケ



黒石市こみせ通り。

青森県黒石市を旅行中に、偶然タレントの移動に行き当たった。志村けんの旅番組らしい。
移動は後部座席がコの字のサロンシートになった大型の観光バスである。

志村けん
原口あきまさ
夏川純



繰り返すが、あくまでも思わぬ遭遇である。人だかりがすると困るので、ロケは極秘に行われるのが普通だ。したがって見物人もまばら。
だっふんだ。


長州小力(残念ながら後ろ姿)









藤あや子











(左)夏川純

(右)小林恵美

(後)志村けん


あべこうじ
青森サンロード。

R−1グランプリで毎年いいところまでいくあべちゃん。

「自転車置き場でドミノのように倒してしまったとき、すかさずカメハメ波のポーズをしちゃえばアイツすごくないってならない」

困ったときの使えない切り抜け方をウザく紹介。今年はファイナルまで残れるかな。

【その後】
2009年R−1グランプリで優勝。
元モーニング娘。の高橋愛と再婚。ちなみに高橋は初婚。
デッカチャンだよ!
青森サンロード。

「気付いちゃった、気付いちゃった、わーいわい。デッカチャンだよ!」
「自転車の鍵って、自分にしか分からないコツが出来るよね、コン」「ボクみたいに太ってる人はファミレスで注文すると、すかさず『大盛りもできますけど』って言われちゃうよね。パフ」

エンタの神様で売り出しの、デッカチャンだよ。いわゆる「デブあるある」。でも身長が高いので、そう太って見えない。

青森サンロードというのは、ジャスコの入ってるショッピングモールなので、芸人にとっていわゆる、スーパーの営業というやつだ。
ニャ〜猫ひろし
青森駅10分、アスパム。

「猫ひろし」「猫ひろし」「猫ひろし」「猫ひろし」「うるさい!」「昇竜拳」「ンーン、ポーツマス、ポーツマス」「ラッセラー、ラッセラー」「おかーさーん、おかーさーん」「ニャ〜」
猫ひろしギャグ100連発。やりっぱなし絶叫芸。
「ラッセラー、ラッセラー」とやってる割りに、青森は初めてだそうだ。キャパ400人のイベントホールは満員。ギャグを連発しながら客席に下りて1周すると、一気に会場が沸く。
「アンコール」「アンコール」「うるさい!」

【その後】
カンボジアに帰化し、リオ五輪のマラソンに出場した。結果は完走者のなかでブービー。
帰化はオリンピック目当てという批判も多い。
河相我聞

立川駅南口ラーメンスクエア。

ラーメン店「我聞」店主の河相我聞(30)。もちろんタレントの我聞くんご本人である。ラーメン好きが嵩じ、テレビの企画かなにかを経て、とうとうラーメン事業にのりだしたらしい。
店内は白を基調とした、小洒落たつくりになっている。我聞くんは暇が出来ると店に出て、厨房で腕をふるったり、店先で客入れをやるなど、地道に取り組んでいる。

ラーメンスクエアというのは、全国有名ラーメン7店が出店する、マンハッタンがコンセプトのフロアである。なんだそれ。
我聞くんは、意外にもスラッと背が高く、声が低い。さすがにかっこいいが、意図的にか芸能人オーラを消している。
東京の人は、握手をしたり、携帯で撮ったりする程度で、特にサインをねだることもなく、群がることもない。我聞くんの芸能界でのポジションが微妙なだけかな。
山口百恵邸

国立市某所。

国立駅前通りは、磁器専門店や高級食材の紀ノ国屋が並ぶシャンゼリゼである。
やがて一ツ橋大の並木と重なり、スカイラークガーデンズまで国立の異国情緒が支配する。そこの角からしばらくいって、国立の雰囲気が途切れた、まあまあの場所に百恵邸がある。
三方をガソリンスタンドと隣家と駐車場で固め、勝手口だけ下界に通じさせている。特別な段取りを踏まないと、正面玄関すら拝めないように要塞化している。

女性週刊誌に買い物途中の百恵ちゃんが載るのは、この近所で映されたものだ。
百恵邸ということは三浦友和邸ということでもある。郵便受けにもMIURAと小さく書いてある。
三浦友和は何を演じても清潔感や正義感みたいなのが邪魔をする、つぶしの効かない役者だ。韓流スターがそのまま歳だけ取ったみたいでもある。NHK大河「利家とまつ」でも、重要な役どころにもかかわらず、あの存在感のなさはいったいなんであろう。早く演技に開眼して欲しいものだ。
北島三郎御殿
八王子インター付近。

1160坪、総工費20億。奥さんの「富士山が望める所」でここに決まった。視界に入るだけで車が5台。どう見てもゴルフ場のクラブハウスにしか見えない。
八王子インターから新宿まで高速で30分。前後を含めると1時間で新宿コマに入れる。
タクシーで「北島三郎のお屋敷」というと、市役所に行くかのような自然さで連れてってくれた。
荒井呉服店

八王子市八日町。

ユーミンこと松任谷由実(52)の生家「荒井呉服店」。平成18年に、会長で父の荒井末男氏(93)が他界された。現在は、長男邦彦氏が経営している。

本来タレントの実家なぞ掲載するものではないが、ユーミンの場合は自ら「荒井呉服店」という情報をトーク中で発し、パーティは和装で通すなど、家業を引き立てる気持ちがあるようなので、構わないだろう。店側もチラシの中で「ユーミンの実家」と刷り込んでいる。

初めて画像を見た人は、こじんまりとした店構えや、周辺の寂しさに意外の感を持たれたかもしれない。ユーミンのイメージに引きずられると分からないでもないが、呉服の個人商店としてはむしろ大店だ。亡くなった会長も、長らく地元の有力者であった。
ただし、八王子市自体が衰退傾向で、大手デパートの撤退が相継ぎ、JR駅前に残っているのは「そごう」と「ダイエー」という状態だ。

【その後】
デパートは無くなった。
秋山祐徳太子、語る

銀座、秋山祐徳太子展。

年配の東京都民なら誰でも知ってる秋山祐徳太子。「あきやまゆうとくたいし」と読む。今でいうパフォーマーのはしりである。

「先生、熊澤天皇みたいですね」
「最近はね、ショーン・コネリーって言われてるんだよ」
「先生、本当の天皇は途絶えそうだから、先生が(天皇に)なったら」
「フフン」
「先生、作品撮っていいですか」
「写真はねぇ、著作権があるから、ちょっとまずいね」
「じゃあ、衣装はいいですか」
側らのスタッフを振り返って「衣装はいいだろ、衣装はいいよ」

秋山祐徳太子は、この衣装でランニングしながら東芝のデザイン課へ通勤した。グリコのパッケージを模したのである。当初は「グリコ」と標していたが、さすがに具合が悪くなり、棒を足して「ダリコ」にした。毎日この衣装で通勤したと思われているが、実際は週に2、3回だったそうである。
芸大を40浪。都知事選出馬。全裸で万博反対運動。いったい何に成りたかったのか。

秋山先生、ポリシーを貫くのは立派だが、残念ながら才能に恵まれなかった。どのパフォーマンスも、常識の延長線上でこねくり回しているだけの印象だ。天才に感じられる、エアポケットのような「抜け」がない。
また、発言や行動がわざとらしくきわどく、テレビに敬遠されるという、今で言う「空気が読めない」鈍さと、さらに加えて「テレ」を克服できないという致命傷があった。
和歌山カレー事件


JR阪和線六十谷(むそた)駅西側。

林真須美宅跡地。1998年7月、真須美被告(38)は、自治会の夏祭りでカレー鍋に亜ヒ酸を混入、死亡4人、負傷63人となった。この他にも、殺人未遂、詐欺に問われている。

2000年2月16日、無職宮本勇治(37)なる男がライターで放火し、林宅を全焼させた。宮本宅と林宅は200メートルしか離れてないが、両者は面識もなく事件とも無関係とのこと。
それまでの林宅は、ペンキで「死ね」など書きなぐられて放置されていた。今は、写真のとおり更地である。
(この男性はタクシーの運転手、わりと調子にのって案内してくれた)

周囲はありきたりの新興住宅街である。路幅がやたら狭い。敷地は長方形ではなく、2軒分の土地をずらしてくっつけたような瓢箪形である。120坪はあろうか。

報道陣がずらりと並んでいるところに、塀の上から真須美被告にホ−スで水を撒かれたりしたのが、この路地である。
画像の右側に用水路がある。ここで毒物を処分したと考えられる。

左上奥の電柱のあたりが、夏祭り会場。会場といっても、道路が交差してなんとなく広くなっているだけのスペースである。
今、そこにタクシーを止めている。ほんの30歩ほど向こうだ。
この跡地は、事件を風化させないために公民館か何かにしようとしている。一般人の買い手がつかないのだろう。
筒井康隆邸

JR垂水駅10分。

筒井康隆が三十代後半で建てた「豪邸」。築30年になる。妻の光子さんと息子の伸輔氏と犬のピーターと楽しく暮らした。山下洋輔も坂田明もタモリも泊っている。

この家を建てる少し前から、流行作家の地位を確立し、以来書きたいものを書ける理想的な状態を維持している。
筒井康隆はこの家が自慢というより、このような家に到達した自分が誇らしく、エッセイにそれを隠さず書いている。

神戸市垂水区瑞ヶ丘八の四。

本人が「豪邸」といっても、目をむくような家ではない。土地は妻の実家の松野家所有のものであった。数年前、御影にマンションを購入し、さらに千里山の実家も相続した。
今は千里山は処分し、東京の「神宮前5丁目」に囲炉裏のある田舎家風の豪邸を建て、ほとんどそちらに居る。

住所をはっきり書いたが、「小説のゆくえ」(中央公論新社)という著書に全部書いてあることなのでかまわないだろう。
まる豊


JR紀伊中之島北15分。

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられる「傾いた店」である。
横の自動販売機と大きさを比べて欲しい。とても狭い。

店内は、カウンターから何から全て傾いている。ラーメン丼が滑らないよう、丼の高台に木の棒(こぼれん棒)を噛ませるとよく紹介されているが、もう間に合わない。
寿司屋の下駄の足を斜めに切ったようなもの(敷きテーブル)をカウンターに置いて、水平を保っているのが現状だ。

傾いてる原因は「地盤沈下」と言っているが、実地に検分したところ違うと見た。
元々は屋台だったものを地面に固定して外側をバラックで囲み、徐々に店舗のようにしていったのが見て取れる。
ろくに基礎を打ってないので、勝手に地面にめり込んでるだけである。

立ち上がったときに足元がフラッとするくらいで、「傾き」はさほど気にならない。
有名人気店でどんどん客が来る。味は良い。

【その後】
平成22年10月7日の日経新聞にインタビュー記事が出ていた。
店主は豊田二郎さん、伊勢市の会社勤めを脱サラして28年前に開業。店は最初から繁盛した。
建物は田んぼの見張り小屋で、田んぼが埋立地のため地盤沈下していった。
現在は地盤に鉄筋を10本ほど打ち込んで進行を止めているそうだ。

【その後のその後】
地権者の要請で、平成29年4月を最後に本町9丁目に移転。
“メモリーグラス”の堀江淳
八重洲中央口地下街。

大音響に近寄ってみると、堀江淳がキャンペーンをやっていた。最近は、「あの人は今業」「ご本人さん登場業」「死亡説流れちゃった業」にご専念と思ったら、本業も元気だ。
チラシには、「メモリーグラスの堀江淳」という具合に必ず名前の前に「メモリーグラスの」と付いている。数えてみると4箇所中、3箇所にその冠が付いていた。
撤収中にカメラを向けると、寄ってきてちょっとおどけてくれた。
上岡龍太郎サイン会
難波ジュンク堂書店。

偶然サイン会に出くわした。先着150名に署名するそうだ。既に行列ができている。
著書は隠居がどうとかいうモノ。

上岡さんは一人一人に長く時間をとって声をかける。「ふうん、ほいで今は何をしてはんの」「ああそう」「へえぇ、ほんまぁ」相変わらず上からの物言い。

人の話なんか、どうせ聞いてない。
ストークマンション扇町
大阪市北区某所。

昭和60年6月18日午後4時半、金投資詐欺の豊田商事永野一男会長(32)が、5階の1室でI某(56)Y某(30)に刺殺された。

当時と比較して自己責任がより問われる現在、悪徳商法の被害者に同情が薄くなった。

旨い話など絶対にない。どちら様もご用心。
熊澤製本所
大阪府某所。

南朝の末裔と称した熊澤天皇こと、熊澤寛道(くまざわひろみち)という人がいた。

さらに熊沢天皇の長男尊信(たかのぶ)氏が、当時シベリア帰りだったため「赤い皇太子」と呼ばれた。

写真は、尊信氏の製本所。熊澤天皇存命中から両者は義絶状態だった。ちなみに尊信氏には男子がない。
茜丸社長 茜太郎


四天王寺駅前夕陽ヶ丘駅。

「茜太郎」こと北條勝彦社長。野原でピアノを弾きながら「あーほんま、あーまんま〜」と歌い、5色の全身タイツの子供が踊る。

関西ならではの、身体を張った捨て身のCMが功を奏し、大阪名物に「茜丸五色どらやき」が堂々割り込んできた。自然の白髪に紫の染めがトレードマークである。

昭和15年の創業なので、老舗ではない。ところがこの3代目社長のパフォーマンスで一躍有名になり、平成4年には販売会社を設立するまで発展した。
「3代目」というのが鍵である。2代目は創業の苦労を見ているだけに手堅いが、3代目はお坊ちゃんで、潰すか、大きくするかのどちらかだ。

店舗の奥が事務所でカメラを向けると、「待って、半被着るから」と云いながら外に出てきてくれた。

朝日新聞記事(2007年3月19日)
「茜丸」ブランドのどら焼きで知られる大納言は、大阪地裁に民事再生手続きの開始を申請した。負債額は約17億円。 
大納言は1940年の創業。社長が歌うテーマ曲に乗せて子どもたちが踊るテレビCMで知名度が高かった。
宣伝費や設備投資がかさみ、資金繰りが難しくなった。(抄)

ありゃ、大きくして潰したか。営業は続けるそうだ。


戻る