札幌あちこち

とんかつ檍(あおき)

狸小路一本南

「とんかつ」ってこんなに美味いんだ。

柔らかいー。

正直とんかつはどこでも大差ないと舐めていましたが、そんなことありませんでした。

ん、まてよ、このパキスタンヒマラヤ岩塩ナマックが旨いのか。

塩だけで、ゆで卵の味がする。これだけでもご飯が食えるぞ。(せこい)

ロースかつランチ定食
1,200円。(平日昼のみ)

ランチにしては高いけど、それくらいしていい。

清潔感あふれる店内。
カリーハウスコロンボ

札幌駅前 札幌国際ビル地下1階

全国を転勤していた時代、各地にビジネスマンの味方のようなカレー店があった。
味・値段はそこそこでも、座るとすぐに置かれるスピードが、サラリーマンにとってはなによりありがたい。
客も黙食で、食べ終わるとすぐに席を立つ。

ここコロンボは、ルーが少なくなってくると、無料でお玉一杯のルーを足してくれる。
緩めのルーには中毒性がある。辛くはない。
食後に昔ながらのステンレス製のカップと匙で、アイスクリームが出される。

昼時は通路で待たなくてはならない。
初めての人、荷物の多い人、旅行者は昼時を避けた方がいい。
香州(かしう/かしゅう)

札幌で61年の老舗中華料理店です。

狸小路4丁目を抜けて左に曲がってすぐ。

江坂と同学年。老舗かー。

15時過ぎだったのでスッと入れましたが、昼間はビジネスマンも来て、なかなかの混雑です。

レトロとは違うけど、古っぽい町中華。

いいねえ、こういうところを探していた、落ち着く。

おっ、結構いい値段するな。

八宝菜定食1350円。

店内は、奥行きも2階もあってもう一回来ないと全貌が分かりません。

ネタに困ったときの飲食店頼みです。
蝦天分店

札幌4丁目

札幌4丁目というのは、渋谷の交差点前のようなスポットです。
もちろん人通りは渋谷と比べようもなく、千万分の一です。

蝦天分店は、ビルとビルの間の
「この先ビルの裏口か、駐車場しかない」
寂しいところにあります。

ああ懐かしい。奥行きといい、テーブルの感じといい、ガラクタの置物といいリアルレトロです。
特上天丼1800円。

「銀座ハゲ天」のような高級天ぷら専門店は、自分で稼ぐようになったら来たいものだ、と思っていました。
しかし若いうちは天ぷらの良さが分からず、来ようと思えば来れたけど、先延ばしにしてきました。
前浜





♪ ずっと夢を見て 安心してた

厚田漁港

自宅から車で1時間半も行くと、厚田漁港です。

親戚の車で、生まれて初めて来ました。

めちゃくちゃ遠いわけではないのに、こっち方面は公共交通機関が乏しく、ひとりでは来られません。

どんより曇った漁港。無理やり鬱な気分に落とし込まれます。

しばらしくして、激しい雨になりました。

有名な「前浜」で食事をしました。

とりあえずウニ丼を探しましたが、ウニの時季が終わっていて、ウニ丼はメニューから落ちていました。

ずいぶんお客さんがいます。

(あれなんだろう?)

向こうのお膳で、茶色い巨大なかき氷みたいなものを、女性が持てあましていました。メニューの写真で、ぶつ切りタコの巨大かきあげ天ということがわかりました。

サーモン・イクラ丼1800円

ひらめ唐揚げ定食1000円

たこかきあげ天丼1100円

どれもボリュームで押してきます。

観光客のみならず、地元の漁師さんも食べにくるのは納得です。

昼食目的の贅沢なドライブになりました。

ネタに困ったときの飲食店頼みです。
羊蹄山

2020年7月の4連休、親戚とニセコ・倶知安方面に行きました。

江坂はこっち方面初めてかな。通過したことはあったかな。

すごい人出です。
ドライブイン「きのこ王国」は、食券を買うのにも行列で昼食をあきらめました。

羊蹄山の画像は、ニセコのスキー場から撮りました。

ニセコは、こじゃれたリゾートの宿泊施設がならんでいます。

駐車の車をチェックしましたが、全て札幌ナンバーでした。

他府県からはまだ来られないようです。
焼肉くうかい

札幌市篠路2条5丁目

ええ肉使こてるやん。
しかもメチャ安いで。大丈夫か。
商売はど素人やないかい。

小樽青の洞窟という秘境を巡る小型クルーズ船の船長をしていた店主が、自宅のガレージを改築して始めたそうだ。
工事や内装も独りで行った。
店主の本業はトラック運転手で、飲食店の修行経験はなく隙だらけだ。

趣味のモーリスとギブソンのギターが置いてある。
なんだか高校の友人宅で焼肉しているだけ、といった気安さだ。
高校生だから加減が分からず、ランクの高い肉を仕込んでしまった感じである。
チェーン店的な安定感はないが、こういう地元感も悪くない。

店主が商売馴れする前の、今が狙い目だー。
ニッカ余市工場


♪ ウイスキーがお好きでしょ メーカーが違うでしょ

夏にニッカ余市工場を見学しました。

学生時代に将棋部で、車で寄ったことがあります。

その時は、車だから運転者は飲めず、同乗者も遠慮して飲まず、結局ジュースだけ飲んで帰りました。

あれから30数年、単身リベンジです。

見学者は待合室から30分おきに出発します。今回は自分を含めて7、8人の旅行者です。

ヒゲのおじさんこと「W・P・ローリー卿」の説明のところで、

「え、アイヌじゃないんだ」

と、ちょうど全員にいきわたる声でつぶやいたらウケました。知ってたけどね、土産話にしてちょうだい。

試飲のコーナーで、画像の3杯で酔ってしまいました。

しばらくボーッとしながら、アルコールの入っていないバヤリースアップルと十六茶をガブ飲みしました。

そうか、ここはアサヒなんだな。
函館ハリストス正教会

♪ つづく坂道 陽の射す場所へ

函館、横浜、神戸、長崎は、異国情緒あふれる港町です。
異人館、教会、領事館、そして長く続く坂道。
ここでいう異人さんは、赤い靴の女の子を連れていくような西洋人でしょう。
函館の異人さんはロシア人です。

画像は函館ハリストス正教会、というロシア正教の教会です。
ハリストスとは、キリストのロシア語読みで意味はいっしょです。
ちなみに、イイスス、イエルサリム、モイセイ、イオアン、パウエル、アミン、イエゴワ、ハリステアニンは、順に次のとおりです。
イエス、エルサレム、モーセ、ヨハネ、パウロ、アーメン、エホバ、クリスチャン。

入り口で、信者さん向けの冊子「正教の手引き」700円を買いました。
「1.キリスト教とは、どういう宗教ですか?」と、Q&A方式でわりとストレートに説明しています。
ちなみに最後は「285.来世の生命とは何ですか?」です。
ご宗旨のことだからアンサーの中身には立ち入らないけど、この冊子がとてつもなく面白く感じられました。
よみがえれ!とこしえの加清純子


北海道立文学館 2019年5月

加清純子(かせいじゅんこ)は、北海道一の公立進学校札幌南高の生徒でありながら、天才女流画家でした。

渡辺淳一や荒巻義雄と級友になり、一時渡辺とは恋愛関係にありました。
渡辺は比較的早くにふられますが、のちに渡辺は加清をモデルに代表作「阿寒に果つ」を書き、加清は有名になりました。

加清は何人かの遍歴のあと、最後の恋人岡村昭彦に釧路刑務所で面会したあと、1月の阿寒湖で失踪、遺体で発見されます。
1952年のことで18歳でした。事故か自殺か決め手はありませんが、おそらくは自殺でしょう。

とにかく早熟でした。渡辺ら男友達には、「結核」といい喀血してみせますが、実は詐病でした。

絵画にとどまらず、小説や詩も感性豊かなものでした。
ミステリアスに大人びていて、当時の普通の男子高校生にすれば、怖れるような、憧れるような、やらせてくれそうな、頭抜けた存在だったと思います。

このゴリ顔の写真は,、悪意を疑うほどヒドイもので、本当はもっとエキゾチックな美人です。


戻る