札幌あちこち

視ることを通して



北海道大学総合博物館

「視ることを通して」という企画展が、北大博物館であった。
近代以降の知の営み、特に学術活動の中で、写真や映像などビジュアルな資料を、北大博物館と放送大学図書館から集めて展示している。(無料)

企画展は常設展と特に切れ目がなく、結局全部見学することになった。
どのみち全て無料である。

ノーベル賞の鈴木章教授で、1コーナー出来ている。公式レプリカのメダルもある。
こうしてパネルで見ると故人みたいだが、実際はご健在である。

企画展で、江坂が割と熱心に「ちりめん本」を視ていると、放送大学のボランティアおじさん学芸員が寄ってきて、長々と説明してくれた。
(いい観覧者が来た)と思ったに違いない。しかし相手が悪かった。江坂王将である。

「昔は博物学や博物学者があったが、今は無いのはなぜ」と、チコちゃんのような根源的な質問を江坂からされ、
「はあ、確かに今は博物館学ならありますが・・・」と、動揺しながらも、長々と講釈を垂れた手前逃げるわけにもいかず困っていた。

とうとうボランティアおじさんは、「今度、放送大学に来てください」と勧誘の方向に活路を見いだした。
なかなかいい人そうである。
それにひきかえ、江坂は人が悪い。
防風林

ウチから西に600メートル行くと、こんな防風林があります。

散歩やジョギングをしている人に行き交います。
田舎でしょう。

中学校はこの防風林を横切った向こうにありました。(今もあります)
校歌にも「♪ 防風林の立つところ〜」というフレーズがあるくらいです。

当時はこんなに整備されてなく、不審者出没の噂がありました。
スープカリーキング本店

地下鉄南平岸駅5分

以前、平日の昼1時30分頃通りかかったら、店舗の外のベンチにまで人が待っていた。
その日は見送ったが、今日は小雨なので空席があった。

「ラム野菜カリー」1400円。
辛さは0番〜14番までの15段階あり、初回なので遠慮して3番を選択。あまり辛くなかった。
味は抜群。これまで食べたスープカレーのなかでは一番美味い。

スープカリーの不思議なところは、またすぐ行きたくなるところと、オクラがかならず入っているところと、ちょっとお高いかなと思ってしまうところ。


戻る