こんな本を読んだ

 本を読み捨てることが多い。勢い頭の中からも消してしまう。全く時間の無駄だ。せっかくだ
から消す前に披瀝するので、皆さんは時間を節約して欲しい。本に限らず、映画やテレビも参
戦することを、ご了承願う。


浄土真宗とは何か 小山聡子 中公新書 2017年1月刊

 2017年2月に本書を購入し、たっぷり楽しませてもらいました。著者は二松学舎大学教授
で、専門は日本宗教史です。

(税別860円)

 浄土真宗についてこれまでいろいろ読み漁ってきましたが、宗教書というのはタチが悪いとこ
ろがあります。
 というのも、著者はたいてい龍谷や大谷など仏教系大学の教授にして宗派の寺の住職という
立場のため、各所に配慮があり、過剰な文飾を我慢して読み進めても、なかなか要領得ず何
を言っているのか分からないことが多いからです。
 そうかと思うと、パンフレットでいいだろう思う薄い内容を単行本に仕立てたものや、講演や
法話から起こした異様に読みやすい、お粥のような本も山ほどあります。

 本書は歴史書のため、当然ながら事実関係に重点が置かれています。親鸞の論理矛盾も
遠慮なく書かれ、ああそういうことかと、胸に落ちるものが多くありました。
 特に勉強になった点は、以下のとおりです。

 1.平安浄土教と鎌倉浄土教の関係
 2.臨終行儀による分別
 3.末法思想という新通奏低音
 4.覚如の意識
 5.平安仏教が鎌倉新仏教に一気に取って代わられたわけではない事
 6.歴史学の立場では、妙好人は論ずる対象にならないこと
 7.巻末の主要参考文献


 ここからは、本書をへて王将が考えたことです。(本書には書いてありません)

 平安から鎌倉への移行は、武士の時代への移行でした。
 平安時代の武士は、戦のさなか敵のあっぱれを称えて歌ったり踊ったりするお約束のもとに
ありましたが、源義経はかまわん射殺せと歌い踊る敵に襲いかかり連戦連勝しました。

 このような合理的職業殺戮の登場で、平安時代の宗教観・救済観では間に合わなくなりまし
た。おりしも末法思想の広まりで、武士の台頭も「おそろしい末法の世になった」と受容された
背景があります。

 鎌倉時代に入り、貴族宗教にとってかわるように、法然の浄土宗、日蓮の日蓮宗、栄西の臨
済宗、道元の曹洞宗が興るべくして興りました。

 「念仏というひとつの方法だけ選んで専念すれば、阿弥陀仏に救ってもらえる」というのが、
法然の浄土宗です。武士をはじめ漁師や猟師など殺生を職業とする者、出家や修行の出来よ
うもない平民、男性の下に置かれた女性の圧倒的な支持を得ました。
 しかしそこには、念仏という簡単な勤行くらいはやってもいいでしょう、というわずかな自力が
入り込みます。また、一般の理解力では、「南無阿弥陀仏」を呪文やまじないととらえられまし
た。

 法然は、途中で目立たないよう軌道修正し、あるときを境に「智慧第一の法然房」と呼ばれる
ふるまいを捨て、「愚痴の法然房」「十悪の法然房」を自称しました。他力をつきつめたかった
のでしょう。
 「智慧第一の法然房」時代の言説を守った弟子たちが浄土宗を後継し、弟子の中でも親鸞
は、法然の「愚痴の法然房」「十悪の法然房」自称後に弟子入りしたせいか、自身も愚禿親鸞
と称し浄土真宗をひらきました。

 親鸞の考えは、一言では表せません。極論すれば、「こちらの考えや希望とは無関係に、阿
弥陀仏が一方的に救ってくれるから、それを信じておりましょう。救いは死後まで待つことはあ
りません。阿弥陀仏の救済を固く信じたそのときから救われます」でしょうか。

 では、阿弥陀仏の救済を固く信じて生きながら救われる、というのはどういう状態でしょうか。
これは、お経や解説書などいくら読んでも分かりません。しかたないので、現実にそんな心境
に達した実在の人物から、なるほどこういうことかと理解するのが早道です。

 具体例として一番適当なのは、「讃岐の庄松」さんという幕末の妙好人です。親鸞の抱いたで
あろうイメージを、100%体現した人です。
 「讃岐の庄松」さんの天然が性に合わない人は、善行が好きな方なら「因幡の源左」さん、世
間づきあいも大切だと思う方なら「三河のお園」さん、夫婦間に不安のある方なら「六連島のお
軽」さん、子供に読ませるなら「有福の善太郎」さん、を参考にされるといいと思います。いずれ
も幕末から明治期の人です。

 脱線の方が多くなってしまいました。いずれまた。



さとり世代探偵のゆるやかな日常 九頭竜正志 新潮文庫nex

 貴志祐介氏も激賞「この新人は大化けする」。
 九頭竜正志のデビュー作です。のびしろ十分の、期待の大型新人という意味でしょうか。帯
の惹句で思わず購入しました。

(税別630円)

 主人公のアヤタと自称イケメンの灯影院(ほかげいん)は地元の大学生で、他に友人はなく、
終始ボケ・ツッコミでお気楽に時間をつぶす仲です。小3からのコンビで、小犬が甘噛みでじゃ
れあう感じです。
 このふたりが日常の謎にいきあたる6話短編連作ですが、妙な読後感が残りました。探偵役
は灯影院ですが、推理がきちんと検証されるのは第1話と第2話くらいで、残りはもっともらしい
推理が開陳されるだけです。
 アヤタと灯影院は互いに心の深層まで踏み込まず、心地よい関係をだらだら続けていきま
す。
 さらに、灯影院はアヤタが望むゆるやかな日常を壊さない方向に推理を歪めて、作為的な結
論を提示しますが、それがなぜなのかは最後まで明かされません。アヤタの妹のカナが、ふた
りの実はもろい関係を指摘し、アヤタが意識して灯影院の推理を思い返すことで、違和感に
薄々気づいていきます。

 酒も煙草もギャンブルも車も恋愛もブランド品も海外旅行も望まず、現状に満足するのが「さ
とり世代」です。バブル崩壊以降の若者の貧困、格差の固定化など、いくつかの要因で「さとら
された世代」といえるかもしれません。
 続編で灯影院の心理が描かれないと、尻切れトンボの感はいなめません。

 唐突ですが、ここで王将の推理を述べます。
『灯影院は小3のときに死んでいる』
 灯影院クンは、きちんと書くと佐々木灯影院という名前です。小3のときにアヤタのクラスに転
校してきました。アヤタは、灯影院のいないところでなにげなく「変な名前」と口にし、それがきっ
かけで灯影院はイジメにあいます。
 アヤタはあわてて「カッコイイ名前」と言い広め、打ち消していきます。これによってイジメはな
くなり、そもそもアヤタがイジメのきっかけを作ったことを知らない灯影院は、アヤタがかばって
くれたと信じ親しくなります。
 いくらなんでも、下の名前が「灯影院」というのはおかしいと思いませんか。院号は、没後の
天皇や上皇の追号で、現在でも戒名にその名残があります。
 つまり、もとは佐々木灯影という子が、アヤタがきっかけをつくったイジメを苦に自殺し、罪の
意識からアヤタが心の中で生かしている幻影が灯影院、というわけです。こう考えると、灯影院
がアヤタに合わせた思考をとるのも分かる気がします。
 ま、あくまで王将の当てずっぽうな駄推量なので、あてにしないでください。

 それにしても、舞台の福井が懐かしい。九頭竜正志というペンネーム(たぶん)は、演歌歌手
の芸名方式で、九頭竜川にちなんだものでしょう。だとすると、モデルの舞台は福井大学じゃな
いかと思います。
 また「一両編成で1時間に2本しかない電車」といえば、えちぜん鉄道に決まっているようなも
のですし、福井口駅で乗り換えているから、アヤタと灯影院は永平寺町あたりから通っている
見当です。
 しかし「電車とバスを乗り継ぐ」という記述を、「駅からはバスで大学に行く」と解すると、福井
県立大学の可能性も、若干なくはありません。
 ああでも、アヤタが大学に合格したときの父親の喜びようや、学園祭の模擬店の賑わいは、
福井大学の方が自然に思われます。

 九頭竜正志さんの大化けに期待します。



コラアゲンはいごうまん久留米ライブ 2015年11月

 あちゃー、年が明けて2017年になってしまいました。グズグズしていると過去に撮り溜めた
ネタがどんどん古くなってしまいます。

 福岡県トラック協会の招きで、九州に上陸したワハハ本舗のコラアゲンはいごうまん。福岡、
久留米、北九州とライブを決行します。
 トラック協会には、芸人としてではなく「講師」の肩書で招聘され、「コラアゲン先生」と持ち上
げられ戸惑っています。
 しかも「有田チルドレン」という全国放送でレギュラーの座を獲得し、仕事の潮目が変わって
きたともいいます。

(コラアゲン先生と言われてます)

 その「有田チルドレン」という番組を見ましたが、売れない芸人が有田哲平の前でネタを披露
し、気に入られれば有田軍団に加えられレギュラーになるというものです。
 その回は、キンボシ西田という芸人が大ウケし、
「合格者は、『キンボシ西田』クン・・・以外全員です!」
というオチに巻き込まれて、全員合格となりました。
 おまけに、番組は次の週が打ち切り最終回で、有田はそれを知っていて全員合格(キンボシ
西田を除く)としたもので、ただのシャレに過ぎません。
 まあしかし、キンボシ西田ほどではないが、コラアゲンもそこそこウケていて、実力が伴ってき
ていることを感じました。

(マンネリ打破で落語も始めました)

 ライブは気合が入って、キレよく早めに終わりました。見巧者にはそれでいいのですが、見慣
れない人には、物足りなく思われないか心配です。

 久留米ライブ会場は、ライオンズタワーマンションの31階パーティルームです。こんなイベン
トでもなければタワーマンションに入れません。おかげでTBS「砂の塔〜知りすぎた隣人」は面
白く見ることが出来ました。



安部龍太郎「作家になるまで」 2014年12月

 「八丁牟田駅」は西鉄大牟田線の普通駅である。特急や急行しか利用しない人には、柳川駅
の手前か向こうか分からない。職場で、40年以上近郊に暮らしている人に訊いても、利用者
でもない限り、首をヒネルばかりである。
 福岡県三潴郡大木町八町牟田の『こっぽーっと図書・情報センター』、要は町立図書館で講
演会があった。駅は「八丁」で、地名は「八町」である。

(夏の着物?)

 直木賞作家安部龍太郎先生の登場。京都のイベントからの連投で、明るい着物のままであ
る。
 安部は八女郡黒木町という、ここからかなり山奥の、大分・福岡・熊本3県の県境の出身で、
何もない所だそうだ。何もない所だけあって、南朝の落人の里である。

 南北合わせて10万人規模の筑後川の戦いで南朝が勝利し、九州は13年ほど南朝のもの
であった。今でも街道沿いに「宮ノ陣」「大刀洗(たちあらい)」といった地名が残る。
 やがて南朝は勢力を失い、山へ追いやられ山岳ゲリラとなる。八女市矢部村には「御側(お
そば)」という地名がある。

 安部はそんな南朝の歴史とは無関係に、平凡な田舎の子供として過ごす。しかし突然、中2
の時に実兄を交通事故で失うという不幸が起きる。中2病という言葉があるくらいの多感な時
期である。死の恐怖を覚え、「生きた証を残そう」と誓い、そういう方面の仕事を夢想する。
 田舎では勉強が出来たため、周囲の勧めるまま学費が年9800円と安い、難関久留米高専
に進学する。
 ちなみに久留米高専は現在でも難関校である。日本の工業力は実技と理論の高専教育に
負うところが大きく、OECDが日本の技術力の源泉としたものである。

(着替えてサイン会)

 結果的に作家になるような文学青年は理系授業についていけず、1年休学してガソリンスタ
ンドでバイトする。この頃坂口安吾の堕落論に傾倒。
 何とか卒業だけさせてもらって、弁護士を目指して上京するもそんな力は無く、東京の大田
区役所に就職する。同人誌活動と区民係を続け、4年目から図書館に異動になり司書の資格
を取る。

 それなりに安定した日常に飽き足らず、思い切って井伏鱒二宅に原稿を持ち込む。この頃は
ドストエフスキーばりの純文学青年であった。
 「(持ち込み)一切お断り」と門前払いを喰らうが、喫茶店で時間を潰し、午後に再訪すると、
30枚くらいの短篇を読んでくれた。

井伏 「君は下手だね」
井伏 「最初はみんな下手だった」
井伏 「作家になるつもりかね」
井伏 「君、作家は儲からんよ」
安部 「ありがとうございました」
井伏 「昼メシは食ったか」
安部 「まだです」
井伏 「これからソバを取るから、いっしょに食べてけ」

 6〜7年、同人と図書館の二足の草鞋を続けるが、これでいいのか。二足の草鞋が出来る
人、たとえば森鴎外もいれば、二足の草鞋が出来ない人、夏目漱石もいる。すでに妻1人、子
2人もいる。図書館を辞めて作家に専念したいが、決心がつかない。

(滅多に顔を上げない。貴重な写真)

 あるとき、友人が10日くらいのインド旅行に誘ってくれた。ベナレス、ブッタガヤに行く。
 そこには路上生活者がたくさんいて、河岸のマグロのように地べたに寝ている。ゴミをあさ
る。イヌ、カラス、ヒトが同じことをしている。
 金くれ、靴を磨かせろ、と物乞いがたかり、勝手にポケットに手を突っ込んでくる。しかし、そ
こには生き生きとしたものがあった。

 何だ、俺は盗られないように財布を握りしめるだけの人間に過ぎないのか。自分が滑稽であ
った。金・地位・名誉、とっぱらってそのままで尊い。幸せも不孝もない。
 手持ちの金を、全部くれてやる。不安は幻想だ、28歳で辞表を出す。

 奥さんが「どうやって生活するの」「2年間時間をくれ」。
 バブル期で、辞めやすい風潮はあった。オヤジは納得したが、オフクロは大反対。しかし安
部家には家の歴史を書く人が出るという言い伝えがあって、それかもしれないと思い込むこと
であきらめた。

 役所を辞めて1年目、書きかけの純文長篇700枚を終わらす。毎日出版とちくま書房が読ん
でくれたが、それだけ。
 2年目、『現代小説』新人賞に応募。入賞は1000分の1。仮に入賞しても、プロでやってい
けるのは10人に1人。
 1000作品から100作、100作から20作残り、さらに5作にしぼられてからプロ作家が読
む。結果、落選。

(無言でひたすら署名)

 同人誌の文芸部長が、以前安部が役所の敷地の碑をもとに、役所のパンフに書いた歴史小
説が面白かった、と言った。その時は、歴史小説に身を落としてもなあ、という気持ちで書いた
ものだ。
 しかしそう言われて読み返してみると、案外悪くなかったので、大幅に手を入れてオール読物
に応募したら、最終3作に残った。受賞第一作を用意して待っていたが、落ちた。

 さらに手を入れて新潮に出すと、最終候補になった。編集者は「ボクは間違いないと思います
が」なんて言う。約束の2年は過ぎ、3年目に入っていた。

 落ちた。

 この時の選考委員が悪かった。選考委員のIさんとTさんの好みにクセがあった。この2人が
15年選考委員をやったが、入選した人はひとりもプロに残れなかった。
(※江坂注:小説新潮新人賞(二期)の井上ひさし、筒井康隆のことである。15年は記憶違い
で正しくは10年である)

(恥ずかしがり屋さんかも)

 最後の希望を断たれ落胆していたところに、新潮から連絡があった。
「落選したが作品がとても良かったので、新潮の編集者を2人つけてアナタを育てたい」
との申し出であった。
 すでに31歳である。「考えさせてくれ・・・」とは言わなかった。

 このときから、佐藤誠一郎さんという編集者のもと小説を書き、33歳でデビューできた。この
あとは、まあ順風。10年で基礎、10年で作風確立、12年で刈り取りのつもりでやってきた。
 名が知れると、出版社がわあーっと寄ってくる。24年目『等伯』で直木賞を頂いた。

(やたら立派な署名)

 江戸史観、特に鎖国、身分制度、商工無視の目で戦国時代を語るのは誤り。黒田官兵衛の
ポイントはキリシタン。ところが徳川がキリシタンを禁じたため、官兵衛とのかかわりが省かれ
ている。官兵衛はもっと熱心なキリシタンであり、当時のキリシタンは軍事組織である。洗礼親
(ゴッドファーザー)には逆らえず、マフィアのような鉄の組織である。したがって、官兵衛は高
山右近に逆らえない。
 キリシタンの数は30万〜70万人で、3分の1が戦闘員でも10万人はすぐ動員できる。官兵
衛は関ヶ原の裏で、九州で熱心に切り取り(領土拡大)をやったが、このときお金で軍勢を集
めたようにNHK大河で描かれている、が、これはウソ。大友家のキリシタンを、さっと集めたの
である。(※江坂注:講演時のNHK大河は軍師官兵衛)



葉祥明 2014年12月

 葉祥明(よう しょうめい)は、絵本やイラストの作家である。「癒し」のはしりのような作風で、
多くの支持を得た。若い頃の画像でも探してみてほしい。結構なイケメン(昔の言い方ではスタ
イリッシュかな)で、ルックスで売れていたようなところもあったが、老境の現在でも根強い人気
がある。

(ダンディーな絵本作家)

 王将の世代は、アイドルの伊藤つかさちゃんが葉祥明の熱烈なファンで、それで葉祥明とい
う人がいるんだ、と間接的に知った次第である。

 「みんなで築こう人権の世紀」の講演会で福岡に来た。葉祥明は米国系中国人の血筋で、熊
本出身であるから、福岡は勝手知ったる所であろう。

(グローバルプラザ)

 グローバルプラザという人権啓発センターは、JR春日駅にある。西鉄だと春日原(かすがば
る)駅から10分ほど歩く。こんなことでもないと西鉄春日原駅で降りることもない。
 変哲のない商店街をぷらぷら抜け、JR春日駅をくぐると、何とも大きく立派な建物がそびえ
ている。人権御殿と言ってしまうと語弊があるが、そういう刺すような気持ちも少し湧く。
   
(サイン会)

 講演は、会場を暗くしてプロジェクターと朗読、そして体験談で、ふわーっと眠くなった。客席
を見渡すと、嗚咽をこらえている女性が複数いた。質問コーナーで、障害児童を傍らにおいた
親御さんに、優しく声を掛けていた。

(親愛なる ミスター エサカ)

 ロビーで物販とサイン会があった。大盛況だ。近くでみてもダンディーである。若い頃のモデ
ルのようなビジュアルの、片りんが残っている。
 あー、決して目を合わせないタイプの人なんだなー。顔も目も向けているが、常に黒目の焦
点を数ミリはずしている。



東国原英夫 みやま収穫祭 2014年11月

(みやま収穫祭)

 福岡県みやま市の農業祭である。農業祭に講演会があると、思いのほかビッグネームが来
演する。JAは、軽々と大物が呼べる。田舎だろうと山奥だろうと、どんな大物でも厭わず足を
運ぶ。JA恐るべし。
 演歌歌手は来年も呼んでくれと、その場のお愛想の範囲を超えて営業する。山川豊は、ステ
ージ上から「来年は鳥羽一郎でどうでしょうか、皆さん!」と、しっかり本気の売り込みも忘れな
い。
 全国を転勤するうち、JAの実力・影響力を強く感じずにはいられない。政治家は、間違っても
足を向けて寝るようなことはしない。土下座のひとつやふたつは、平気の平左だろう。

(オバチャンと握手)

 講演会は公民館ホールが満員であった。立見もいた。撮影禁止にもかかわらず、望遠の本
格的なカメラで撮っているジャーナリスト崩れみたいな奴がいて、主催者側スタッフと押し問答
している。ジャーナリスト崩れは、講演の邪魔をするように「何の権利があるんだ!」と声を上
げ、スタッフとはいえ不慣れな素人はどう言い返していいかわからずたじろぐ。結局数で押し
て、つまみ出した。
   
(何、どしたの)

 東国原英夫は、素人知事あるあるで、どっかんどっかん笑いを取る。
「初会合で、ホントは来賓や傍聴にどうぞお座りください、と一言いわないといけないのを知ら
ず、アタシも来賓もお客さんもずーっと立ったまま挨拶を始めた。お付きのベテラン事務官が、
(知事、知事、こう、こう)と手のひらを必死に下に振るのを不思議に見ながら挨拶した。あれ
は、座らせろ、座らせろの合図だった」
「地鎮祭でシキビをどうしていいか分からず自席に持ちかえってしまい、神主が祝詞を繰り返し
て引き延ばしている間、事務官が(こう、こう)と汗だくになって奉納するジェスチャーをした」
「事務官に『アタシはアンタには入れてないんだよ』とグチられたが、後で仲よくなりました」
「県議会は完全にアウェイなので、テレビカメラを入れて中継させた。こちらの目論見どおり、
ベテラン議員はガチガチに固まり、(知事に対する)追及は弱まった」
 さらに、たけしの一番弟子エピソードで笑いをかぶせる。
   
(頭ペチペチ)

 講演終了時、司会が「さあ、この後は外のメインステージで東国原さんも加わった餅まきで
す!」(エッ)「あれー、聞いてないヨー、という顔をされています」

 餅まきは撮影自由で、しかもオバチャン達に頭を差し出し、ペチペチ叩かせたりの大サービ
スであった。
   
(お歴々と。いい仕事した)

 このポジションがベストである。
 「先生、先生」と持ち上げられ、田舎の市長らに頭を下げられ、講演は使い回しの鉄板ネタが
完成していて、立派な車で送り迎えされる。田舎では、政治評論家のような穿った小難しい事
を言う必要もなく、芸人がまとう「みじめ」さを完全排除した、気持ちいい名士でいられる。
 民放テレビの政治バラエテイに顔を出し、時々出馬するしないを取沙汰されれば、いつまで
も全国区のタレントでいられるだろう。

 結果的に居心地のいいポジションが転がり込んできたようにみえるが、そんな簡単なことで
はない。早稲田大学に入り直して、「そのまんま東」から這い上がった出世である。



藤岡弘、 世界が求める日本の心 〜サムライ精神が日本を救う〜 2014年11月

 いい写真がなくてボツにしていたが、NHK真田丸での本田忠勝役の怪演をみているうち、書
いてみようと思った。というのも、直情径行な役どころが当人と重なってみえ、ずいぶん素に近
いのではないかという気がしたためである。

(講演終了後の花束贈呈)

 八女市体育事業50周年で、藤岡弘、さんが講演した。登壇前にエライさんの挨拶と、八女市
中学生和太鼓グループの前座があった。
 和太鼓は、いつみても気持ちがいい。小学生の和太鼓グループの年齢がそのまま持ち上が
り、中学生になったとのこと。

 講演に先立って、10分ばかり藤岡さんのDVDが上映される。居合抜き、瞑想、難民キャン
プの子供とのふれあいの映像に、「心」「技」「体」「誠」「真」「精神」「大和魂」「サムライ魂」「武
士道」などという筆字が大写しで踊る。プロモーションビデオといったところか。

(シルエットは藤岡弘、)

 やがて本人登場。サムライ魂がどうの、次世代をになう子供達がどうの、といった話が延々
続く。抽象的な言葉が散らばるなか、聴衆は置いてきぼりを食う。先にあげた精神的な言葉が
空疎に2周3周していよいよ言葉が尽きかける。「この方は、人柄は良いが無学なのかな」失
礼ながら、そんな疑問がわく。
 「コソボの難民キャンプで子供達が目を輝かせて・・・」
おっ、ちょっと面白くなってきた、と身を乗り出すが、その話はそこで終わって、またサムライ魂
がスバラシイのなんのと精神論に戻る。

(ファンからプレゼント)

 どうも藤岡さんは、事細かに具体的な名称などあげて話をするのは次元が低いこと、と思い
こんでいるらしく、自分なりに昇華させた抽象を口にしているつもりらしい。一般人とツボが違う
のか、こちらの頭が弱いのか、どうにも噛み合わない。

 「昭和の(仮面)ライダーは夢を売ったが、平成のライダーはグッズを売ってばかり」
やっと面白くなってきた、と思ったらこの話もここで終わり。話が広がらない。
 しかし、藤岡さんの責任ではないが、昭和のライダーだってオマケのライダーカードで釣って
スナック菓子を大量に売りさばき、子供がカードだけ抜いて菓子は足で踏みつぶしていたこと
が、社会問題になった記憶がある。

(弘、の読点は何とかならないか)

 結局最後まで聴衆とは平行線のまま講演が終了する。
 会場の体育館の後ろで「藤岡弘、の珈琲」とかいうレギュラーコーヒーが少しも売れず残って
いた。テレビで藤岡さんがお抹茶をたてるようにコーヒーを淹れ、それがひとつのお笑いポイン
トになっている。それは藤岡さんも分かってやっているようなので、講演で一言でも触れれば全
部売れたはず、と惜しまれる。スタッフは大変だなあ。



JT杯福岡大会 佐藤康光九段VS豊島将之七段 2015年7月

 平成生まれがJT杯初登場、豊島七段である。佐藤九段の胸を借りる形ではあるが、ここ数
年佐藤九段は安定を欠き、豊島ノリが大勢であろう。この日も豊島は棋聖戦挑戦の直後で、タ
イトル戦の勢いそのまま福岡に登場した。
 昨年同様、解説は駄ジャレ王豊川孝弘七段、聞き手は本田小百合女流三段である。

(おなじみ解説と聞き手)

 先手が豊島七段となった。豊川七段によると、トッププロ同士では先手が一割ほど勝率が高
く、中堅棋士では先後の差が少ないという。
「春風亭小技」
「糸谷ダニー」
「谷川タニー」
豊川がおどける。

(佐藤康光九段ポーズ)

 豊島七段は落ち着いて有利に局面を進める。最近の佐藤九段は、妙な趣向を凝らし勝手に
転ぶ印象がある。本局も、自分からなのか、追われてやむなくか、佐藤の王は中段をさまよ
う。
 豊島があぶなげなく勝って、次は羽生名人とあたる。豊島の棋風は、いみじくも佐藤紳哉七
段がNHKで揺れながらコメントした、「豊島?強いよね。序盤・中盤・終盤、隙がないと思うよ」
がうまく言い当てている。

(終局後あいさつ)

 会場の飾りつけが例年に比べ、ひどくさみしい。スポンサーのJTが飲料事業(缶コーヒー・ル
ーツ、緑茶・辻利)から撤退したため、ドリンクサービスも消え、大きなバルーンもない。
 かといって、JT杯の午前の部はこども大会なので、タバコの宣伝をするわけにもいかない。
唯一冷凍食品の宣伝コーナーがあったが、ちと地味である。マズイな、スポンサー降りないで
ね。

(賞品)

 恒例の勝者見送り握手は、「(豊島とのツーショット)記念撮影はできません」、と主催者にう
るさく言われる。ははあ、さては今日の飛行機で帰るんだな。
 豊島七段は遠目には小動物っぽいかわいい顔も、近くでみると年相応の大人のものであっ
た。歯並びがいささかお悪い。

(勝者の笑顔)



QTNet杯こども将棋名人戦 2015年5月

主催:九州通信ネットワーク株式会社
会場:電気ビル共創館

(王位経験者、深浦康市九段)

 メインイベントのこども大会の後の、中田功7段、豊川孝弘7段、佐藤天彦8段、深浦康市9
段によるエキシビジョンマッチを目当てに、ゆっくり出かけた。あいにくの雨である。薬院駅から
小走りとなる。
 会場に到着する頃はこども大会の表彰が終わって、プロ棋士が子供に指導対局をつけてい
るところであった。見回すと深浦が見えない。指導を終え次の準備に上がったらしい。深浦は
羽生・行方の名人戦の立合からの連投で、さぞお疲れであろう。

(豪華過ぎる設営)

 お好み対局の会場である4階のホールに上がる。すいぶん立派な会場である。
 対局の組み合わせは事前に決まっていて、中田・豊川、佐藤・深浦戦の2局が行われる。読
み上げはワタナベ女流、記録は中田門下の奨励会員、聞き手は関口指導棋士5段。同時に
勝者予想クイズがあり、中田・深浦に投票する。

(コーヤンこと中田功七段)

 1局目の中田・豊川戦は中田の三間飛車穴熊で楽勝。コーヤンは3六歩をパーンと打ち付
け、反動で跳ね上がった右手で膝を叩く。気合十分である。一方の豊川は、賞品がフンドーキ
ンの味噌・醤油一年分と知った嫁に「お父さん頑張って」と送り出されたと笑わせ、簡単に土俵
を割るわけにいかず悪い将棋を粘る。

(駄ジャレ永世名人、豊川孝弘七段)

 2局目の佐藤・深浦戦は腰掛銀。難解な中盤戦のかけひきが続き、深浦の貫録勝ち。大盤
での感想戦でも敗因がはっきりしない。高度な内容なため、メインのお楽しみは豊川の駄ジャ
レである。
「王取り桂すけ(鳳啓助)」
「これスジです。イクラじゃないですよ」

(貴族、佐藤天彦八段)

 勝者予想クイズは48人が正答。王将もその中のひとりで、中田章道7段の「解いて役立つ5
手詰200問」を頂く。1年近く経つ今でやっと160問目あたりである。一目で解るものが大半で
あるが、盲点に入ると一問に一か月もかかるせいである。
   
(ワタナベ女流誰?、見送り風景)

 閉会後もロビーで棋士はお見送りである。なんと熱心なことか。中田と弟子の佐藤は福岡
市、深浦は佐世保市出身、豊川は東京出身でありながら嫁の出身の福岡に移住。そしてここ
電気ビル共創館を拠点に九州研修会を発足させ、中田、豊川、関口が幹事となり指導してい
る。将来九州勢が一大勢力となろう。



テツandトモ 2014年8月

「どーもードブロックでーす。あれっ拍手多いなー」
「もしかしてだけどー、もしかしてだけどー、ドブロックさんの方が良かったんじゃないの、そうい
うことだろ、ジャン」
つかみはOK。

(♪私の名前は中本哲也、ちょっと面長いい男)

 蒸し暑いくもり空、散漫な野外ステージ、あ何かやってる一応見ておこうレベルの客、足場が
悪いに違いないが一気にテツandトモの世界に引き込む。最後の最後まで高いテンションを維
持でき、手頃な賑やかしのリズムネタは水準の盛り上げを約束し、全国営業で荒稼ぎする。

(中本哲也45)

 「動画撮影はNGですが、今日は特別に写真OKでーす」進行が言う。へー珍しいな。後で分
かったことだが、ステージ後にCDの手売りがあったので多少サービスしたようである。
 テレビと同じでテツは動きっぱなし、そして変顔。分かりやすく、表現は悪いが見ている方が
恥ずかしくなる幼稚な内容は、ここ遊園地に丁度いい。そうそう、ここは西鉄「かしいかえん」と
いう幼児向け小規模遊園地である。
   
(かしいかえん)                 (石澤智幸45)

 子供を舞台に上げ「なんでだろう」「エグザイル回転」をする。「なに君と君は兄弟なの?あそ
う、いい分かる?」想定より多く小さい子供が集まってしまい、制御が効かなくなって面白くなっ
た。帰りに持たす粗品も足りなくなった。「後であげるからねー」
   
(子供イジリ)

 赤いジャージのテツは客席まで勢いよく突っ込んできて、変顔をみせて回る。その隙に青い
方のトモは次のネタの準備にかかる。
 このコンビの最大の特徴は、仲がよく呼吸がぴったり合うことだ。互いにじゃまにならず、片
方だけで成立するでもなく、両者とも歌唱力があり、両雄実力揃いとはいってもピンでは通用
せず、といったところだろう。また、ひな壇芸人や司会者を目指さず、職業漫才師に徹している
ところが安定の理由だ。
   
(間近で見ると疲労感がにじみでている)

 職業漫才師に徹していると書いたインクも乾かぬうちに、CDの手売り(1000円)が始まっ
た。買ってくれた客とは、写真でポーズをとるとのこと。家族連れが集合写真に並んで「なんで
だろう」のばってんをする。
 10年ぶりにメジャーレーベルから「桜前線」という曲を出す。ナマ歌を披露したが、ああなる
ほど卒業式ソング仕様に作ってある。当たれば大きいけど売れた様子はない。

(桜前線)



五木寛之 2014年6月

 〜いまを生きる力〜 ミリカ文化講演会 1800円

 当日は大雨であった。JR大野城駅からタクシーに乗る。女性の乗務員が
「ミリカガーデンで何かあるんですか」
「五木寛之が来ます」
「えー五木さん、(この雨)大丈夫かしら」

(82歳、髪多し)

 ちょうどこの日は、西日本新聞朝刊「親鸞」の最終回であった。五木は親鸞の死に臨んで妙
な奇瑞をともなわせず、ごく普通の老人が死んだように描写したと言った。
「ずいぶんあっさりでしたね」
と読者に言われたそうだ。後で読んでみたが、当時の90歳が死ぬんだからこんなものか、と
いう書きぶりであった。また五木ならこう書くだろうな、という想定どおりであった。

 五木の講演はとりとめない。ベースは「下山の思想」のようでもある。日本の繁栄を拡大・成
長から一転、バブル崩壊、大震災で衰退していく様子を、人の林住期にたとえたような・・・五木
寛之の読者なら容易に見当がつくでしょう。
 「涕泣史談」「悲泣」「絞首台のユーモア」とホワイトボードに書く。人知でどうにもならないこと
を、ただ悲嘆し笑う域である。五木の年齢(82)と仏教的達観からくるものだろう。

(ポスター、やや若し)

 「私の知る限り・・・」「ジプシーという間違ったいい方で・・・」といちいち断りをはさみ、慎重に
言葉を選んで話す。どこからも抗議がこないよう、用心し過ぎているくらいだ。きっと昔、断定的
な表現で筆禍・舌禍で痛い目にあったに違いない。羹に懲りているようだ。
 サイン会は無し。



草野仁 2014年6月

(大濠公園)

 健康づくりフェスタ福岡というイベントが、大濠公園野外特設会場であり、テレビ中継があっ
た。メインゲストに草野仁登場。
 イベント自体は朝から何とかマラソンなんかやっている。地元RKB毎日放送のアナウンサー
が中抜きで走ってレポートしている。草野さんは全国放送される1時間枠で出演する。

(リハーサル風景)

 リハーサルから見ていたが、
「ここでカメラを振るので、ここから登場してください」
「健康グッズをひとり1つ紹介してください」
「質問とかした方がいいんですか?」
「草野さんの紹介パネルに移ります」
同時に出演するサバンナ八木といっしょに、神妙に打ち合わせをする。スタッフはもとより、地
元の局アナも草野さんには最敬礼といった感じでペコペコお愛想を言っているのが丸聞こえ
だ。
 そこに漫才師の「銀シャリ」が遅れてやってきて「すんません!ごあいさつが出来なくて!」今
福岡に着いたところらしい。
「はい、ここで銀シャリさんがネタをやりますので、その間草野さんと八木さんはこちらで」スタッ
フが場見る。
   
(草野さん登場)

 草野さんは文句や意見をはさむことなく、ニコニコ指示を聞いている。
「これはどちらが言いましょう」
細かい点を確認する。ずんぐりした草野さんは太っているわけではない。ボディービルダーな
のである。
 ローカル局アナの1人が、「ここで『草野さんの本に書いてあります』と言いますから。宣伝もし
ます」と隠し持っていた大昔の草野さんの本を手柄顔で出してくる。
「ほーほーほほ、そんな本よくありましたね」
同僚は、「(点を稼がれた、チッ)」と横を向く。
   
(ブラジルの人聞こえますか―)

 いよいよ本番。草野さん登場。そしてサバンナ八木がランニングでステージを駆け、片ヒザつ
いて「ブラジルの人聞こえますかー」。
 系列が違うので「世界ふしぎ発見!」のジングルは流れないものの、草野さんの紹介パネル
に移りぎわ、局アナが「草野仁不思議発見」と滑り込ませ、してやったりの顔をする。
 リハーサルを終えステージ脇でスタンバイしていた局アナ男性3人が、今マラソンから離脱し
てきたという態で息を上げ、フレームに入ってくる。1人は漁師の格好をしている。

(銀シャリ、ネタはいつものやつ)

 九州との縁を訊かれ、草野さんは満州から島原に引上げてきて、東大からNHKに入り、駆
け出しの頃はNHK福岡にいたとのこと。何だ地元じゃないか。
 学生相撲に駆り出され、変に勝ってしまい国体にほぼ選ばれたが、大会と卒論と重なり辞退
した。
 サバンナ八木がフラフープが出来なくて笑いを取る。銀シャリの漫才があって、マラソンの現
地中継をモニターで覗きなごやかに終了。

(無事終了)

 撤収の際も、皆草野さんに最敬礼。本庁のエライさんを見送る、地方役人のようである。立
場の違いというか、実力の差を目の当たりにして面白かった。



戦場カメラマンの渡部陽一 2014年6月29日

「石の上にも15年〜コツコツ続ける力」

 久留米大学の文化系サークルの発表会「C∞SHOCK」が、石橋文化センターで開催され
た。そのメインが、戦場カメラマン渡部陽一(わたなべよういち)の文化人講演会である。
 渡部陽一、旬でもなく消えてもなく極端に高いギャラをいいそうになく、ほどよい人選だ。ホー
ルは、学生一割、一般人一割のパラパラの入り。宣伝が足りんかったかな。

(せんじょーカメラマンのわたなべよういちです)

 講演が始まって客席は驚きあきれ、そして引いた。話し方、身振り手振りが園児向けなの
だ。
「そこでぇ、わたしはぁ、わあーっと、おどろいてぇ、おもわずからだをふせ・・・」
ウサギさんやクマさんの着ぐるみショーの役者が、かぶりものを取って練習している動きをイメ
ージしてほしい。
 こういう人なのか。こういう演技を課さないと人前で話せないのか、それとも講演とはこうした
ものといった思い込みでもあるのか。しかし人間の順応力もあなどりがたく、客席は渡部の妙
なペースの向こうにある、中身を聴きとろうとする。

(戦火の学校の写真が多い)

 渡部当時41歳。テレビで売れるまで、学生時代から同じアルバイトで食いつないだ。一箱17
キロのバナナを朝の4時から夜中の0時まで船から荷降ろす。戦場カメラマンは全く金にならな
い。先輩に教わり写真を雑誌やテレビに持ち込むが相手にされない。バナナを運んでカツカツ
の生活を続け、貯めた金で戦場へ行く。

(イスラム国は?)

 2009年12月37歳のとき、千原ジュニアの「笑撃!ワンフレーズ」という深夜番組の、各界
の裏話を聞く企画で戦場カメラマンでよばれ、面白い人として発見された。

 中東で紛争が無くならないのは、民族、宗教、領土、国境、環境、歴史いろいろ複雑ではあ
るが、結局石油の利権争いである。

 英語が分からなかった。報道人としては致命傷であった。映画とスクリーンプレイという文字
に起こしたものを買って、会話を頭に叩き込んだ。ゴースト、トップガン、フラッシュダンスで覚え
た。

(イジる人がいないとキツイかな)

 トレードマークのベレー帽は、妹がかぶらなくなったものを貰ったもの。戦場から無事に帰還
できたので、験を担いでずっとかぶっている。最初はもっと形があったが、何度も洗っているう
ちに縮んでこんなんになった。
 同じカメラマンベストを10着持っている。破れると同じ物を着る。決まったポケットに決まった
物を入れる。戦場は暗闇なので、手さぐりで取り出せなくてはならない。1着300円くらい、パレ
スチナで買った。
 黒シャツとズボンはユニクロでまとめ買い。長袖、長パンツでないと虫にやられる。

 なるほど、幼稚な話しぶりで軽く聞いていたが、話の中身は興味深く、飽きずに聞けた。



加藤清隆 安倍長期政権に死角はないのか!? 2014年2月

 時事通信社を定年退職後、時事通信社特別論説委員となり「たかじんのそこまで言って委員
会」に起用され知られる。「たかじん〜」で名をあげる以前から、顔は何となく知っているような
知らないような存在であった。

(ご登壇)

「たかじんさんが(2014年)1月3日に亡くなって、7日の夜に初めて知った。それまでたかじん
さんとは1回しか話してない。レギュラー陣が順にコメントを求められたが、私は他の方と違っ
て、1度しか口を利いていないので遠慮した」
「亡くなる前、レギュラーひとりひとりに言葉を残された。わたしには『頑張れ』という励ましだっ
たそうだ」
「テレビのレギュラーになったが、不慣れのため収録日に講演会を入れ、収録をとばしてしまっ
た」
「オンエアをみるとカット率が高い。そんなに口が悪いのかな」

(ホワイトボードの用意を指示)

「(安倍)晋太郎、森喜朗の番(記者)をした。森喜朗は頭足りない。外国からサメの脳を持った
男、と言われている」
「政治は勝栄二郎氏が牛耳っている。勝が財研(財務省記者クラブ)を動かし、大新聞を動か
し、世論を動かしている」
「原発停止で、3.6兆円余分に原油・液化ガスを買っている」

(気合十分)

 やしきたかじんとは、実質的にすれ違いといっていいだろう。最後の方はよく分からないが、
ポンポンと小気味いい。


三橋貴明 2013年11月


(昔の農協ロゴ)

 「第18回筑後地区農業まつり生産者大会」つまり農協まつりで、人気の三橋貴明(みつはし
たかあき)氏の講演があった。
 緞帳の上の一文字幕に、昔の農協ロゴがある。なんか懐かしい。5円玉の図案のようでもあ
る。

(手強い論客)

 演題は「グローバル経済の動向と デフレ TPP 問題について」。TPP反対の論客なので、
農協の支持が高いのだろう。
 「国債は、日本の企業や国民の預貯金で引き受けているので、借金が増えるイコール資産
が増えるから問題ない」顔の売れている経済評論家はだいたいそういう。

(熊本県出身、本当は若い)

 そうなのかな?そういわれればそういう気もするな。家計でいえば住宅ローンを借金とみなさ
ないようなものか。イザとなれば住宅を手放すとローンも消えるしなあ。でも国債の場合は何を
手放すのかな。紙幣を印刷するか、預貯金を没収するくらいしか思いつかないけど。

 パソコンを使っていると、ときどき「韓国大崩壊」といったこの先生のPRが浮いてくる。嫌韓で
いいのかな。



羽生名人 「夢をあきらめない」(2014年5月11日)

 羽生善治3三冠(王位・王座・棋聖、43歳)が福岡県小郡市の秋月小学校で講演を行った。
森内俊之名人との第3局で佐賀県武雄市まで来たところを、引っ張ってきたのである。これを
書いている現在はこの名人位も回復し、圧倒の四冠だ。
 羽生名人の父親が子供のころ佐世保で5年暮らし、その時の同窓生が働きかけたのであ
る。もちろんそんな細い縁だけで呼ぶわけにいかない。長年「羽生善治棋士応援団」を組織し
て応援してきた積み上げがあってのことだ。

(秋月小学校)

 日曜日、余裕を持って早く出る。ふだん足を向けるところではないので、ついでに見て回るつ
もりであった。しかし西鉄で人身事故があり、遅れて何とか甘木までたどりつき、後はタクシー
で滑り込んだ。

(羽生名人降臨)

 体育館の前4列、児童が床に座っている。日曜なのに将棋の大先生が来たので駆り出され
る。その後ろ5列が父母で、その後ろがパイプ椅子の一般客だ。
 ギリギリに駆け込んだ勢いを利用して、父母エリアに紛れ込む。このへんの間合いや見切り
は、ずいぶん上達したと思う。

 羽生先生が役員席から立って話し始める。演題は『夢をあきらめない』。将棋道場に通った
頃。勉強の仕方、「暗記は歌を覚えるように覚えるといいです」。

(若いけど43歳)

 ものすごくつまらない。話が下手過ぎる。せっかくの日曜だというのに、児童に忍耐を強いる
だけだ。ある意味児童虐待である。もう少し気の利いたこと言えないか。
 小鳥が体育館に飛び込んできて、頭上を舞って、梁に止まったりする。児童も父母もチラチラ
目で追う。

(トレードマークの寝グセ)

 羽生先生も気がついたら四十路。早いな。40超えたら衰える世界だけど、羽生先生は「例
外」いや「別格」を感じさせる。相性の悪い森内竜王や渡辺明棋王を、近年克服しそうな予感も
ある。
 子供の頃は公文をやっていたくらいで、特別なトレーニングも伝説の修行もなく、ごく普通の
家庭で強くなった。羽生マジックという言葉もあるが、毎回ビックリ鬼手を出せるものではなく、
地力で勝っている。棋譜をみると、手順を尽くして中盤に少し引き離し、微差を維持したまま終
盤で一手争いをすることが多いように見受けられる。ミスが少ないのでだいたい勝てる。
 苦手な森内先生はタイプが似ているせいか、やり難そうである。渡辺先生はガチガチに固め
て逃げ切る現代感覚に傾斜しているが、案外中盤の駆け引きが巧く、ときどき羽生先生が完
封されてしまう。

(児童の質問に笑う)

 終了後父母がイスを片付ける。行きに乗ってきたタクシーを呼び乗る。黒田藩の支藩である
秋月藩のあったところで、周りは何もない。しかし甘木・朝倉はベッドタウン化してむしろ子供が
増えているそうだ。

(最接近)

 講演なんかつまらくて構わない。勝ち続けて人間の能力の凄さを示してほしい。



中村美津子 思い出の宿 (2013年9月21日)

 大分県は湯布院の公民館を通りかかると、縁側の障子を取っ払って正面にゴザが敷き詰め
られ、お婆さん連中が前から三列ほど座っている。遠山の金さんのお白州に引き立てられた
塩梅である。
「何かあるのかな」
おや、と思って近づいてみるとゴザに見えたのは古畳で、お婆さん達は奉行の詮議を受けるわ
けではなさそうだ。

(美っちゃん登場。買うてや)

 じきにスタッフが中村美津子のポスターを貼れるところに貼って廻り、3時から新曲キャンペ
ーンと知れた。
「あと40分もすれば中村美津子が来るのか」罪人の列に加わる。
2時45分に一旦到着し拍手で迎えるが、湯布院駅で写真撮りとマスコミインタビューがあると
のことで、一旦はける。わずかな時間であったが、パッと蛍光灯がついたような明るさがあっ
た。
   
(みんな買うてや)

 3時ぴったりに再び登場。このときはもう人でいっぱいになっていた。湯布院を舞台にした新
曲「思い出の宿」を唄う。さいぜんから大音量でエンドレスに流れていて、だいたい覚えさせら
れた曲だ。
   
(河内いいいいいいいいいぶううしいいいいい。買うてや)

 「拍手だけではアカンねんで、分かっとるやろ。ちゃんと買うてくれなな。テープもCDも1200
円やで」
さすが大阪、さすが紅白15回、臆面もなく買えと言える。
 「ちょっとそこのお兄さん、聞いてきなはれ。こんなことめったにないんやで。ウチの近所には
エグザイルの知り合いの知り合いが住んどんやで。あーあ行ってしもた」 大阪人の軽口の連
発に大笑い。ゆるキャラと市長も登場し、そこで一旦流れを止めて距離や角度を変えて写真撮
影。
 「河内おとこ節」で最高潮に持っていき、最後にもう一度新曲「思い出の宿」を唄う。

(またゆるキャラかよ。買うてや)

 ちょっと書きにくいけどはっきり書く。この曲売れない。売れる曲には一撃で仕留めるフレー
ズがいる。

 「今では指輪も回るほど」
 「知ってる誰かに見られたらあなたが傷つく」
 「あなたの過去など知りたくないの」
 「あれは三年前、止めるあなた駅に残し」
 「あなたに彼女会わせたことを、わたし今も悔やんでいる」
 「くどかれ上手なほうがいい」
 「今だけは悲しい歌聞きたくないよ」
 「友達ならそこのところうまく伝えて」
 「その場しのぎのなぐさめ言って」
 「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう」
 「いつか切り出す別れの言葉が怖くて」
 「出会った頃は、こんな日が、来るとは思わずにいた」
 「その分ズルい女だね」
 「ありのままの姿見せるのよ、ありのままの自分になるの」

キリが無い。歳もばれる。ま、言いたいことは分かっていただけよう。
「上野発の夜行列車降りたときから、青森駅は雪の中」
この出だしだけで、東京から北のはずれまで時間と距離を思わせつつ場面を移し、雪、夜行列
車というアイテムが演歌的ワケありを表現し、さらに連絡船で北へ渡るというせつなさをみせ
る。万葉集や百人一首に撰ばれてもいい。ヒット曲は作詞家に神が降りてきた会心をともなう。
この新曲にはそれが無い。
   
(1200円やで、買うてや)

 新曲キャンペーンながら発売前ということで肝心のCDの手売りは無く、「買うてや」と云う割に
は予約をつのるだけというオチもついて30分で終了。只見では悪いような面白いショーであっ
た。



加藤登紀子 「命を結ぶ」 中央法規出版 2012年3月刊

 三越デパートのアルバイト時代、中元商戦の打ち上げがありました。鮨屋の二階の座敷が衝
立で区切られ、ヨソの客もいました。
 当時の宴会は、身分の低い者から順に生で唄うのが普通の流れでした。カラオケは発明さ
れて間もなく、スナックにあるかないかです。
 能なしバイトのド下手な「おゆき」が終わり、順番がパートのオバサンまで上がりました。「人
前で唄ったことなんかない、困ったわ」と、本当に困った様子です。しかし意を決して、「♪しれ
ーとこーの」と細く歌い出しました。すぐさま「の」のあたりから助けるように唱和が始まり、終わ
りころはヨソの客も含めて大合唱になりました。

(スタッフにもやさしい)

 京都ジュンク堂のサイン会。東日本大震災をきっかけに対談集を出版し、印税を全額被災
者支援に充てるとのことです。いま奥付をみると2012年3月25日の出版なので、震災からほ
ぼ1年たっています。
 対談相手は、なかにし礼、鎌田實、永六輔、鳥越俊太郎、山折哲雄、CWニコル、梅原猛。
いかにも協力してくれそうな顔ぶれです。震災の昂奮があるのか、思いで話でもちょっと踏み
込みが感じられます。

(ヨーロッパの造形マスクのよう)

 お登紀さん70歳、まだまだ元気でバラエティでわりと見かけます。というか最近案外露出が
多いようです。次女が歌手だそうですが、子供が歌手やタレントをしていると、割とどんな仕事
も受けちゃうんだろうと思います。

(書店にあったら買ってね)



椎名誠 旅する文学館 ―福井・勝山2012―

 シーナさん(68)がインターネット上に開館する文学館の企画で、ときどき旅に出る。2012
年12月1日、5回目の今回は福井県勝山市に登場。
 週刊文春連載の赤マントシリーズで勝山左義長祭を好意的に取り上げたのが市長の目にと
まり、縁を求めて手紙を出したことでつき合いが始まった。今は「かつやま左義長大使」にも就
き、年に1、2度来訪するという。

(踊り場で講演)

 勝山市立図書館の一階開架室にイスを並べて、二階へ上る階段の踊り場のシーナさんを見
上げる、という趣向の会場であった。目を水平にすると、古代史の書架がある。シーナさんは
「工夫してますね」と感心する。平凡なホールや会議室よりオモシロイ。市長はじめびっしり観
客がいたが、万一集まりが悪くてもなんとかなるだろう。

(意外、筋ばって痩せている)

 「映画は安くて一千万、高くてそう二億かかる」
 「外国で撮ると滞在費もいるので高くつく」
 映画の話、旅の話、水の話、祭の話、とりとめなく続く。いくらでもネタが湧くようで、お筆先な
らぬお口先といった感じのとりとめのなさである。エッセイや写真集に添えられる文章ほどお話
は上手くない。昔共演した余貴美子におよんで「よきみこ」と読むと知った。「よ」か、「あまん」じ
ゃないんだ。

(日焼け、精悍)

 この人は何だろうな。雑誌編集、小説、エッセイ、対談、秘境紀行、自然塾、映画監督、C
M、講演。人柄を慕ってスタッフや自由人や趣味人が集まってきては、漁師の浮球をボールに
見立てた三角ベースや、キャンプで焚火をして遊んでいる。カドの取れた開高健か、書ける所
ジョージか。
 「いつか俺は何ものかになる」と若い人が外国を放浪したり、コンビニのバイトで食いつない
で物書きやタレントを夢見て自分探しをやめられない人がいる。シーナさんは理想の一人だろ
う。シーナさんみたいな名が有ってオモシロク生きている人に、なりたいんじゃないかな。

(こんなお顔だったかな?)

 常時連載を数本抱え、列車、ホテルはいうにおよばず、焚火の輪から独り抜け画板で原稿を
書く。心得た手下やドレイが走ってFAXする。長く編集者として過ごしたからか、雑誌の求める
ところをはずさず、締切もデッドラインは守る。
 自分でネットをやらず、手書きか旧式のワープロで原稿を書く。検索なしで正式な固有名詞を
確認したり、データで字数を稼げないのは大変である。何も見ないで書くので、同じエピソード
も何度も出てきて「これは前に書いたかもしれないけど」と本人も分からなくなっている。好き勝
手しているようで、家庭もあって孫もいる。

(すごい名前お父さんがつけたの?、ああネット上の名前)

 あっ、この人はカースケか。テレビ「俺たちの旅」で中村雅俊演じるカースケを具現化したの
がシ−ナさんだ。
 そのシーナさんも、お歳のせいか最近は地方にいっても日帰りが多くなっている。昔は町を
ぶらついては、居酒屋で生ビールをうぐうぐ飲んだものだ。
 シーナさんは安逸な老後を犠牲にしても、生活に沈む凡夫の夢を壊さないでほしい。



三国港甘えびまつり

 平成24年5月から始まった三国港甘えび祭。三国港網元おかみ会、海女さん、福井県漁連
三国支所が実行委員会を作り、倉庫を利用した甘えびまつりが行われた。甘えび消費拡大の
物産展とみてよかろう。
 5月の第二土曜日は、しろえびの日と決められた。第一回目の祭というのは、生まれて初め
てかもしれない。手さぐり感の活気がよい。
 平成25年は不漁で延期となったため、今のところこの一回で終わっている。

(叶姉妹もウチの店に来られます)

 ステージではキリンの支店長が、ビールの詰め合わせ(1000円相当)が当たるプレゼントク
イズをやっている。
「ビールの消費が世界一の国は?」(答え中国)
「ひとりあたりの消費量の多い国は?」(答えチェコ)
ん、来年は問題があるかな。

(包丁パフォーマンス)

 ステージ上では神田川俊郎のお弟子さんたちが、下ごしらえをせわしなく始めた。キビキビ無
駄のない動きが自衛官のようである。
 カラオケに合わせて神田川俊郎が登場。パイプ椅子を並べただけの客席に割って入って料
理の歌を唄う。中村美津子の河内男節の替え歌である。
 トークと料理が始まった。包丁を面白く振り回して魚をおろす。駄ジャレとオヤジギャグのオン
パレード。バンコックはタイ(鯛)といった、昔の和田勉をさらにベタにしたレベル。こういうのは
変に心地いい。
 テレビでは人工的に見える頭髪であるが、地毛であることは島田紳助が証明している。ボリ
ュームを見せかける工夫に、やり過ぎがあるのだろう。少年隊の錦織一清システムのようなも
のといえる。

(終始にこやか)

 料理を3品作って「簡単だからオウチでやって頂戴」というが、とんでもない。弟子が3人がか
りで下ごしらえしているし、食材も事前にカットされている。家でやろうと思ったら、弟子の一人
も貸してくれないとまず無理である。
 料理クイズで色紙を配り、「亭主を早死にさせる法」という禁則10ヶ条で笑わせ、料理版四季
の歌を唄って1時間ぴったり。
 「三国はいいところ」「三国のえびは旨い」「美人のお嬢さんばかり」と持ち上げ続けるプロの
技、立派なものである。



名越康文 「だます心理 だまされる心理」〜賢い消費者になるために〜福井県消費生
活センター 2012年5月

(にこやかに登場)

 名越康文(なこしやすふみ)が登場するなり、タレントオーラを感じた。本業は精神科医で、テ
レビ・ラジオでコメンテーターを務めるうちに、タレントっぽくなったのかな。ホントはそんな人で
はなさそうなので、一時(いっとき)のあだ花であろう。
 コンビニ本も出しているが、内容はウスイなー。

 昼の情報番組に出ているようだが、勤めのある王将は、講演から1年以上経つも今に至るま
で見たことがない。

(近大医学部卒)

 講演はおもしろく90分聴いていられた。オバサン集団がウンウン頷いている。しかし今にな
って何を言っていたかさっぱり思い出せない。日本は仏教的な怒りを鎮めることが肝心、てな
ことを言っていたが、これもホワイトボードの「怒」という字を今画像で見て思い出せたものだ。
 流暢な語り口がたたり、何も残らないタイプといえよう。
 「怒っている自分は自分ではない。それを見ているのが本当の自分だ」これも今思い出した。
実感することが多い。

 心屋仁之助なんていうのが売れたから、もう出る幕ないかな。
   
(出せるうちに出しちゃえ、ゾッキ本)



植松三十里 歴史に学ぶ講演会 平成24年10月 福井歴史博物館

 人気の中堅作家、植松三十里(うえまつみどり、58)が来福。作家の裏話が聴けて、正直驚
くこともあった。文筆業志望者は参考にしてほしい。

(静岡出身、東京女子大卒、編集者から作家へ)

1.注文を受けてから書く
  たとえば福井県知事から「結城秀康について書いてくれ」と依頼されてから、調べて書く。

2.資料は少ない
  資料は郷土史研究家などの、なるべく史実のみ詳しい一冊を読み通し、あとは想像でおぎ
  なって書く。

3.史実の正確性は追わない
  会場から「先生の本では越前00万石とあったが、××万石ではないか?」と質問が出た
  際、「きっと××万石が正しいと思います。私何か見て書いたけど、ご指摘があればいつも
  そちらが正しい」とあっさり認めた。

(みどりを変換したら三十里と出たので、ペンネームにした)

 へえー発注があってから調べて書くのか。てっきり長年追ってる人物を小説化していると思っ
ていた。割と安直(失礼!)なんだな。作家先生というより、職人的著述業、いやもっと端的にラ
イターというべきか。
 そういえば、御大筒井康隆が「あなたも流行作家になれる」というノウハウ本のパロディで、歴
史小説は勉強のコツさえつかめば書ける、といっていたが、なるほど本当だ。

(装幀はボーイズラブみたいだと、評判が悪かった)

 質疑応答に移ったが、ユルイ。しょうがない、王将が手を挙げる。
「結城秀康は最期が芳しくない。そのせいで、すくなくともNHK大河にならない。その辺が(結
城秀康は)脇に回る原因だと思う。書きにくいことはなかったか?」
「確かに梅毒で死んだことになっている。しかし私は確証が持てなかったので、他の病気の含
みを持たせて書いた」
 あれっ、そうだったの。新聞の連載では遊女からうつされて死んでいるじゃない。かりに梅毒
じゃなくてもNHKの主役はないんじゃないかな。



映画「旅の贈り物 明日へ」 2012年10月

監督:前田哲、出演:前川清(高校時代/葉山奨之)、酒井和歌子(高校時代/清水くるみ)、
山田優、須磨和声、きたろう、二木てるみ

 これは何だ?映画か?こういうのを何というのか、観光PRフィルムか?事情通の方ご教示く
ださい。

(今年もウオウオウオウオウオ)

 あらすじはこうだ。
 42年前、受験生の前川は父親と衝突してプチ家出する。前川は、文通相手の酒井を福井県
丸岡町に訪ねる。丸岡城で初めて会い、高巣海水浴場など廻り、夕刻「東京の大学で会おう」
と別れる。しかしこの時すでに酒井は、家庭の事情で進学を断念することが決まっていた。酒
井は一方的に文通を打ち切り、消息が分からなくなる。
 42年後、大手建設会社を定年退職した前川は、山田が4歳のときに離婚し独り暮らしであっ
た。ふと昔のはがきを目にし、昔の住所をたよりに酒井を探す旅に出る。その列車には、結婚
を目前に一人旅する山田と、スランプで行き詰まるヴァイオリニスト須磨が乗り合わせていた。

(撮影秘話乏しくて困る)

 このあと、前川、山田、須磨は特に接点もなく、前川は三国・あわら・坂井方面、山田は一乗
谷・あわら方面、須磨は福井市内と、分担したかのように観光地を巡る。名所スポットや主なホ
テルを網羅したあと、前川は酒井と三國神社の夜祭で再会する。酒井は途中で42年前の前
川だと気づき喜ぶ。後日、前川は閉店状態の酒井の美容室を、行政の援助を取りつけ老人デ
イケア施設に改装する。

 舞台挨拶に前川と山田が登場した。午後は山田と交代で、酒井が来福するそうだ。前川は
「歌い手なんで芝居は大目に見て欲しい。もうやりません」と笑わせる。さらに主題歌の冒頭
「雪解けのウオウオウオウオウオ」と前川節を誇張してみせる。会場は舞台挨拶付きとあって
ほぼ満員。テレビ局の指示で一斉に拍手をさせられ、その様子を撮られたりもする。山田優細
いな。

(山田優細いなー)

 これ映画なのかなー。監督は大阪出身だし、出演者にも福井県の縁者がいるわけではな
い。見知った場所が次々出てくるのはずいぶん面白いが、逆にいうと土地勘の無い人には何
が面白いんじゃ、という映画だろう。観光宣伝映画を撮るといって資金を集めてはカメラを回
し、各県を順にまわっていく分野があるのかな。

 映画がはねてロビーに出ると、客がテレビカメラにつかまって、気の利いたコメントを求めら
れている。その脇で老婦人のグループが、フランソワ・クリュゼ、オマール・シーの「最強のふた
り」を指さし「こういうのを観なくっちゃ」としゃべっている。おっ、案外分かってらっしゃる、お目
が高いね、後期の皆さま。



梅原猛 「法然と親鸞」 2011年11月 福井県立三方青年の家 主催:若狭町

 これを書いているのは、2013年が明けたところである。講演から1年ちょっとしかたっていな
いが、暦はどんどん進み早く書かなくてはと気が急いている。加えて梅原猛先生(87)はご高
齢なので、うかうかしていられない。
 梅原先生は宮城県出身で京都大学で学んでいる。2000年若狭三方縄文博物館長に就任
した縁で、2004年若狭町名誉町民となる。

(若狭三方縄文博物館長)

 梅原先生との付き合いは長い。といってもこちらが読者というだけの関係で、遠目ながら拝
顔出来たのは、今回が初めてである。
 「哲学者」、レジメにそうある。あ、哲学者だったの。てっきり古代史か民族学の先生だと思っ
ていた。『水底の歌柿本人麿論』『隠された十字架法隆寺論』『聖徳太子』『誤解された歎異抄』
『梅原猛の授業仏教』などの著書、スーパー歌舞伎戯曲『ヤマトタケル』『オグリ』とくれば、誰で
もそう思う。

(先生、本当は何屋さん?)

 演題は「法然と親鸞」。ちょうど法然の八百回忌、親鸞の七百五十回忌にあたり、法然の人と
なりと親鸞の新説を話された。残念ながら講演当時こちらにろくすっぽ基礎知識がなく、教室で
時間の過ぎるのを待つ高校生のような状態であった。大変惜しいことをした。今なら興味深く聴
けるし、今レジメを見ても面白い。レジメを離れて話されていた部分も多く、取り返しがつかな
い。

(杖なしでスタスタ歩く)

 梅原先生は法然系の東海中学出身であるが、法然は人格が立派過ぎて親しみが持てなか
ったそうだ。
 親鸞は、法然の弟子ながら公然と妻帯し煩悩と共生しつつ、当時でも難解な思想を構築し
た。親鸞についての新説とは、親鸞の父日野有範(ひのありのり)の妻吉光女(きっこうにょ)
が、源義朝(NHK平清盛では玉木宏)の娘というものである。浄土教研究家吉良潤氏の説で
ある。
 日野有範は親鸞4歳のときに死んだとされるが、実は生きて宇治に隠棲していた。時は「鹿
ケ谷の変」の一年前のことで、平家の猜疑心が頂点に達していた。日野氏は中級貴族であっ
たが、親鸞の兄弟がみな出家した謎も、源頼朝(NHK平清盛では岡田将生)の甥なら説明が
つく。

(先生、笑って)

 梅原先生は、専門の歴史学者なら顧みないような新説・奇説をよりどころに、1本仕上げてし
まう。専門外という気安さで面白く書いてしまうのだが、文化勲章学者が書いているのだから学
術的にちゃんとしていると受け取ってはいけない。どちらかというと、松本清張や邦光史郎や井
沢元彦など推理作家が邪馬台国を推理するようなもの、と思った方が安全である。
 いやいや、決して梅原先生を貶めているのではない。ちゃんとした業績は別にあるのだし、
著書も長年愛読している。ただ、司馬遼太郎のように「小説」含有量が多いと心した方がよい
だろう。
   
(即行で帰洛。ご多忙)



新井満 橘曙覧と独楽吟の世界 平成24年3月福井市フェニックス・プラザ
〜『千の風になって』から新曲『楽しみは』へ〜

 橘曙覧(たちばなのあけみ)は幕末の福井の歌人で、クリントン大統領が「たのしみは朝おき
いでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時」を引用してスピーチをした。橘曙覧は記念館もあ
り、決して埋もれた存在ではなかったが、思わぬ脚光で郷土の歌人を再認識することとなっ
た。
 「たのしみは」で始めて「・・・時」で締める、という約束がある。ようは笑点の二問目である。
「小遊三さん」「たのしみは座薬をケツに入れる時」「アンタ少しはケツから離れなさいよ、一枚
取んなさい」
 とりわけ52種の連作は「独楽吟(どくらくぎん)」とよばれ、毎日の身近な楽しみが詠み込まれ
ている。

(寛仁親王にそっくり)

 新井満(あらいまん、66)は、生誕200年を記念して独楽吟に曲をつけるよう、福井市橘曙
覧記念文学館から依頼を受けた。2年半かけてようやく形になり来福した。
 過去に万葉集の和歌に曲をつけ、紅白でメガ幸子が唄うという経験があったので何とかなる
と踏んだが、案外苦戦した。しかしそこに東日本大震災が起き、日常の楽しみは悲しみの裏返
しであることを痛感し、一気にインスピレーションが湧いた。

 『ワインカラーのときめき』、芥川賞『尋ね人の時間』、長野冬季オリンピック開閉会式イメー
ジ監督、『千の風になって』。マルチな才人である。安っぽくない文化人で、成れるものならこう
いう人に成りたいと願う人も多いだろう。ご存じのように電通社員で、意外や意外タレントになっ
ても電通は定年まで勤めたスーパーサラリーマンである。
 勝手な思い込みで申し訳ないが、「電通」というだけで変に器用な印象があり、音楽も小説も
企画モノ、悪く言えば上っ面だけという感じが抜けない。

(音楽活動のときは帽子)

 講演会の前日、ホテルリバージュアケボノに向かう、黒カンカン帽黒メガネ黒マントの異装が
いた。
 「失礼ですが新井先生でいらっしゃいますか」「そうですよ、あなたは」「明日講演伺います」
「ああ知ってらっしゃるの」「存じております」「あなたは」「一般人です、光栄です」「そこの川はな
んていうの」「足羽川です」「そこの橋は」「えー、土地の者ではないので」
 今書いていて分かったが、名乗りもせずに話しかけた王将の無作法を軽く咎めて打ち切ろう
としているのだが、興奮したこちらは少しも気づいていない。

(スーパーサラリーマン)

 橘曙覧は憂国の歌人でもあり、戦前は「尊皇歌」が強調されたため、清廉高潔な人物として
独り歩きした。実際は10歳頃から廓通いを始め、帳簿を手伝っていても花街をながめてそわ
そわの放蕩息子。19歳の時は遊女と京都へ遊びに出かけ、連れ戻した時は二人とも着のみ
着のままシラミたかりのあわれな姿であった。21歳で三国の娘と結婚したが、28歳で家出し
て江戸に遊ぶ。家督は腹違いの弟にいき、曙覧は若くして隠居の身となり、作歌活動で才能が
花開く。子孫に伝わるところでは、「遊び尽くした男の一生」であったそうな。

(たのしみはー、ルル、朝おきいでて昨日まで〜)

 講演は、笑いあり歌あり朗読ありで、少しもよどみがなく、完成された物であった。話の中心
はどうしても『千の風になって』で、新井自身が吹き込んだCDだけでも50万枚のヒットだったそ
うである。
 現在は函館からさらに奥の山荘で、テレビも置かず創作活動をしているそうだ。ちょっとうら
やましい。
 独楽吟につけた曲は、アコーディオンの伴奏でワルツ風に仕立てたものだった。短歌は崩さ
ず、音符にそろえるため「ルル」などスキャットをはさむことだけ許すという縛りを自ら課した。
 んーどうかな。単調。やっつけ仕事の疑いも拭えない。



C・W・ニコル 人と自然のとの共生 2011年11月 県建築士事務所協会

 「ゆうべの越前ガニ、オイシかった」、赤ら顔の大男がポヤポヤと喋る。C・W・ニコル(72)
は、日本に50年以上暮らし、日本国籍も取得した。アナタよりよっぽど日本歴が長い、たぶ
ん。

(講演中は撮影禁止なので、講演前に撮影)

 日本ほどイイ国はない。ワタシは日本の林野庁や環境省の悪口を云う。ヨソの国で政府の悪
口を云うと、警察が来て逮捕される。あげくに国外追放になったり、刑務所に入れられたり、悪
くすると死刑になる。ところが日本では、悪口を云えば云うほどテレビに出してくれる。こんなイ
イ国はない。

(昨夜の日本酒『一本義』が残っている)

 森は間伐して、太陽の光が地面まで届くようしないと再生しない。ただ同じ種類の木をびっし
り植えて、ほっておいてもダメ。
 ワタシの(長野の)森には、国有林から昆虫や花がいっぱい逃げてくる。絶滅危惧種も戻って
くる。虐待を受けた子供も森で笑顔が戻る。

(ハチミツ食べたいなぁー)

 C・W・ニコルは何者なのか。作家だか文化人だかCMで見る顔だか、よく分からない。今
回、本人の口から説明があった。
 高校時代レスラーのアルバイトをして退学になり、父親のサインを真似て承諾書を偽造し北
極探検隊に5年間従事した。日本に来て柔道をやって居ついてしまった、とのこと。
 「外人」は営業用という気がする。紅毛碧眼の風貌を生かし切っている。日本慣れしたところ
をあまり見せず、タレント外人枠の中ではずいぶん上手(うわて)な部類だろう。
 ウェールズのケルト人なので、口から先に生まれた民族だそうだ。



作曲家・三枝成彰トークライブ 平成24年1月 鯖江市文化センター

 イベントの主催者は、田中良幸(48)さんという福井県鯖江市でバーを経営する人。会場設
営から、トークの聞き手まで務める。2006年まで産経新聞社で文化部や音楽雑誌編集長を
歴任し退社。鯖江に戻りバーを開店した。

(現地で急遽雪国用の靴を履かされる)

 その頃の縁で三枝成彰(さえぐさしげあき、69)が来福。男気である。公的機関やマスコミの
後援がいっさいないイベントで、新聞の小さな告知で知った。
 広い会場はパラパラの入り。田中さんはさすがに落胆を隠せない。

(日本はどうなっちゃうんだろうね)

 しかし何の遠慮もいらないと思ったのが、トークは過激さに加速がついて面白かった。インタ
ビュー形式なので文章にならない、箇条書きで一端を紹介する。

 ●応援していた民主党には失望した。平野(博文)にだまされた。かといって自民も嫌だ。
 ●小沢さんは官僚や独立行政法人にメスを入れようとしたので、公務員や検察らの役人達
  が暗黙の連携で悪人に仕立てて葬ろうとしている。
 ●拉致被害者はどうも生きている。中山(恭子)さんらの話によると、無理に取り戻そうとする
  と殺されるおそれがあるらしい。
 ●著作権料の最大の負担者はパチンコ業界である。
 ●今でもガンダムの印税で食べている。やっといてよかった。
 ●ワンピースの作曲家が車を買ったというので、運転に気をつけろよと言うと、運転手もいま
  すと言われた。
 ●(オペラなど大作の)作曲には4000時間、ま、3年くらいかかる。
 ●橋下さんは偉い。役人と闘っている。
 ●今の作曲はリズムだけ決めて、機械にどんどん打ち込んでいく。我々(のようにちゃんと)
  習った者ならやらないような、座りの悪い展開の曲が量産される。
 ●中国は著作権の意識がない。外国の曲でもこれは中国の楽曲だと言い張る。
 ●日本もそうだがアジアは著作権の意識がもともとなく、全日空便でも外国へ向かうときの
  BGMは1円も払わないくせに、帰りはちゃんと外国にBGM使用料を払っている。
 ●デジタル機器の普及で、音楽はいくらでもコピーが可能だ。音楽だけではない。合唱曲の
  譜面も一部だけ買って、人数分コピーを取る。譜面の出版社は全部つぶれた。コンク−ル
  の時は、一人一冊買わないといけないことにしている。
 ●文化予算1000億円のうち、700億円は寺社の修理に消える。

(一冊一冊ずいぶん時間をかける)

 ロビーのサイン会で、CDや本の中から『大作曲家たちの履歴書(上・下)』を取り、列の先頭
に立つ。
「お名前は」
「(ゲッ、名前入れるのか)え、え、江坂と申します」
「それねえ、モーツアルトの章を書き直すかもしれない。撲殺説が出てきたんですよ」

(三枝先生に、ミスターエサカと書かせちゃった)



櫻井よしこ 「この国の行方〜日本のあるべき姿〜」 2012年3月 武生商工会館

 「スーさくゥらいいやしか、です」口を横に開き吐く息で細く摩擦音を出すと、タモリがやるよう
なモノマネになる。前髪を垂直に持ち上げ、左から右へ南京玉すだれのように流している様
は、銀座のママである。
 越前市の武生ライオンズクラブ50周年記念講演で、櫻井よしこ(さくらいよしこ、66)が登
場。会場の武生商工会館は850人、立ち見の出る大盛況である。さっき降りたタクシーの運
転手は「うわ(駐車場が)いっぱいだ。何かあるんですか?」と目を丸くしていた。

(スーさくゥらいいやしか、です)

 「TPP(環太平洋連携協定)に肯定的な意見を言うと、『櫻井さんに裏切られた』といっぱいメ
ールが来た。しかし日本の果物やお米は競争力がある」
 「農業の減反補償はやめるべきだ。今の制度で農業が良くなるというなら賛成だが、悪くなる
一方だ」
 「中国に台湾と戦争をするのかと訊くと、戦争にお金をかけるより買い取った方が安い、と豪
語された。佐渡ヶ島の土地は、次々中国に買い取られている。対岸の新潟も買い進められて
いる。北海道の水源地も買われている。このままでは、合法的に中国に支配される」

(瓦礫受け入れを言うと、子がないからと言われました)

 保守的な論調は受けがいいし、正論といえば正論である。革新的という立場を標榜してきた
評論家や政治家で、有効な反論の出来る人は少ないだろう。

 「東京電力の福島第一原発は、地形の異なるアメリカの図面のまま造られている。一基に一
つの管をつけてベント(排気弁)から排出させるべきところ、三号機と四号機の管はT字につな
げて排出口は一つという状況であった。このため、三号機の圧力が四号機に逆流して水素爆
発を引き起こした。杜撰なものである。コストはかかっても東北電力の女川原発のように、地形
を考慮してきちんと造ると、(福島第一原発より)震源地により近くても無事故である」

 なるほど、原発は怖い、原発は即時停止、と大雑把に叫ぶのは違うのかもしれない。

(国民は公の心を)

 「東京電力は、ベントのタイミング」を躊躇して水素爆発を起こした。ベントすれば放射能が放
出されるから躊躇したのである。しかし欧州諸国はベントを躊躇しない。ベントにフィルターが
付いていて、クリーンな空気しか出ないためである。福島でもフィルターを付けようとしたが、地
元住民に『なぜフィルターを付ける。安全だ安全だと言ってたではないか、安全ではないのか』
とやり返され、フィルターを付けずにきた。このような言葉遊びは止めるべきだ」

 うーん。地元住民の一休さん的なやり込めに東京電力は反論できず、結局は住民も絡め捕
られてしまったか。こういう言葉遊びというか、言葉尻を捉えた揚げ足取りはついついやってし
まって、本当に必要なことを見失ってしまう。原発側が安全を強調し過ぎたことに問題はあるの
だが。

(福井は日本人本来の価値観を実践している)

 櫻井さん、石原慎太郎さん、少し毛色が違うが橋下徹さんらの保守的な論調は人気である。
それに対し、旧社会党系や社民党的な主張は分が悪い。
 いったい何が違うかというと、保守派は「国益」を前面に出して論を組み立てることにある。あ
る意味単純明快である。周辺諸国からやられっぱなしの状態から、反転攻勢の展望を示すこ
とで胸のすく快感をも伴う。
 これに対し旧来の革新といわれる人達は、依然として「人権」「平和」といった「理想」を振りか
ざしてしまう。「人権」には外国人の人権も当然含まれるため、結局誰が誰に何の主張をしてい
るか、誰の利益を代弁しているのか不明瞭になり、堂々巡りで終わる。
 次の選挙は保守一色だろう。
   
 (櫻井さん、ポスターの全力写真とチョット違うな。本物か?)



安藤和津 「法教育シンポジウム in 福井」2012年3月 福井商工会議所

 法テラス福井主催のシンポジウムに、パネリストとして安藤和津(あんどうかづ、64)が登場
した。キャスター、エッセイスト、コメンテーターなど賢い系のタレントで、法教育推進協議会委
員もしている。
 
(パネルディスカッション「法教育の普及に向けて」)

 安藤和津は由緒ある出ということは何となく知っていたが、この機に調べてみると確かにそう
そうたるものであった。祖父は総理大臣犬養毅、父は法相犬養健、異母姉は『お嬢さん放浪
記』の犬養道子(92)、国連の緒方貞子(84)は従姉の娘、夫で俳優の奥田瑛二(62)の父は
市議である。

 近年学校では法教育が広がっている。さまざまな言い分を聞いて、議論して問題を考える思
考型の教育だ。

(ちょっとお歳かな)

 高校生の模擬裁判選手権では、証言の矛盾やアリバイについて、弁護側と検察側に分かれ
て論戦を行う。課題は、留守中に妻が強盗に襲われ現金1千万円が奪われる強盗致傷事件、
といった本当の事件を基に想定した具体的なものである。凶器や刺傷なんかも検証する。日テ
レのドラマ『ティーンコート』を血生臭くしたようなものといえる。
 これは面白そうだ。高校生になって自分も参加したい。ディベート大会のような、口先教育に
堕さなければよい。

 昔の法教育といえば憲法教育と決まったもので、基本的人権だの、自衛隊だの、三権分立
だの、結局は堂々巡りの言葉遊びに終始する不毛な教育であった。それを思えば進歩した。
いや、様変わりしたというべきか。

(安藤さんっぽいポーズ)

 問題は小学生だ。何をどう教育するのか見当もつかない。福井市清水北小学校の白木一郎
先生が事例を発表されたが、感心を通り越して感動すら覚えた。

 まず4つのルールを提示する。
  @叩いたり蹴ったりしない
  A人の悪口を言わない
  B廊下を走らない
  C給食を残さない

この4つを比較して「大切なもの」「比較的そうでないもの」を考えさせる。子供は、ぶつかるとケ
ガをする、悪口を言われたらいやだと思う、給食を残すと背が伸びない、と自由に意見を言う。
グループで意見を出し合ううちに、背後の保護法益の概念をうっすら認識する。
 保護法益とは重要度順に
  @生命・人体
  A人格
  B財産
  C本人の利益

という「法的な思考枠組み」である。
 白木先生は学年に応じた教材やワークシートを用意されている。教育現場に、これほど創意
のある先生がいることに正直うれしくなった。

(字ヘタ)



荒川洋治 「ふるさとの文学」2011年6月 みくに文化未来館

 福井の三国は、荒川洋治(あらかわようじ・ひろはる、62)の郷里である。といきなり書き出し
たが、荒川を既知であるという前提で書く。知っている人は知っているし、むしろ著名人の括り
の方が自然で、あらたまった紹介から入ってはかえっておかしかろう。

(講演会か帰省か)

 荒川は詩人であるが、批評、それも激辛批評が人気である。信奉者の多い大江健三郎も厳
しく批評するし、人気の藤沢周平もちょっと読んで飽きたと斬って捨てる。「Mさんの○○は」と
いう具合に実名を伏せイニシャルの場合はさらに手厳しく、もしMさんなる人の耳に届いたらと
他人(ひと)ごとながら心配になる。荒川は大手ではない出版社から刊行することが多く、遠慮
がない。

(子供の頃は文学少年)

 三国は文豪が生誕することはなかったが、戦時中の疎開先となったり療養地や静養場所に
なることが多く、意外と高名な文士との縁が深い。文学散歩の出来るところである。
 荒川は、三国と関連のある文学者には、依怙の沙汰といっていい高ポイントを与え称揚す
る。高浜虚子、室生犀星、三好達治、高見順、中野重治、阿部知二、森山啓、則武三雄、多
田裕計。後ろ3人は初めて知った。

(サイン会)

 福井では地元出身の作家ということで、どの図書館でも著書が揃っている。みくに図書館や
県立図書館にはコーナーまである。詩集以外はほとんど読んだ。やはり批評が面白いが、昔
の小説の舞台を地図や郵便番号簿で探ったりするのも面白い。
 講演やエッセイで、ときどき経済的な愚痴がこぼれるのも面白い。本を図書館で借りては読
み方が浅くなる、買って読まなければだめだ、と言う。一時期出版社を経営していたので、切実
な声であろう。文学で食うのは難しい時代だ。
 エレファントカシマシの宮本浩次(みやもとひろじ)が歳を取ったらこんな顔になるか、という割
と整った顔をしている。
   
(岩波現代文庫『日記をつける』は読みやすい。サイン入り)

 ロビーで著書の即売会があった。サインが入るとあって大盛況である。ハードカバーの高価
な本はたちまち完売し、「もっと持ってくればよかった」と責め口調で誰とはなく言ったあと、はた
目にも惜しいという顔をした。
 少し残っていた文庫を急いで取り、サインを貰う。文庫も全て売れ、売り尽くしとなった。
 職場で話すと、荒川と同級生、正確には同じ中学でクラスは違うが同学年だった人がいて驚
いた。落ち着いて考えると、驚くことでもないか。



蝶野正洋 2013年3月
       自分に負けない喧嘩の仕方 自己プロデュース力を身につけろ!

 坂井商工会青年部の招きで、レスラー蝶野正洋(ちょうのまさひろ、48)がハートピア春江に
登場。アパレルブランドの設立など多方面で活躍し、東北の被災地にも猪木の呼びかけに応
じて何度も訪れている。
 たしか一昨年はレスラーの武藤敬司(むとうけいじ)が呼ばれていたから、商工会にプロレス
好きがいるのだろう。

(辛み蕎麦サイコー)

 蝶野は呼んで安心である。バラエティの様子からみても、局やスポンサーの意向を正確に汲
んで対応してくれる。青年部は幕末の隊士の出で立ちで「越前坂井辛み蕎麦 あなたの蕎麦で
辛み隊」というありがちなキャンペーンを行っているが、蝶野はそこはうまく合わせてくれる。そ
の分、空気を超える猪木のような面白さはないが、地方講演のような一回きりのイベントでは
予定調和で終わっておさまりがいい。

(福井の人はマジメ過ぎる)

 講演はボソボソとして盛り上がらない。話は下手だな。小学生は退屈しきって、つつき合って
ふざけている。低テンションのまま講演は一旦終了。
 ところが「ちょっとテレビの裏話でもしましょうか」と断って、年末の『ダウンタウン大晦日年越
しSP!!笑ってはいけない空港24時!!』の話をする。「山崎邦正を叩いたあと停電になり
何時間か中断した。再開はまた叩くところから撮って、結局山崎を叩くだけで終わった」大いに
受ける。

(辛み蕎麦!)

 さらに会場に降りてきて全員で「辛み蕎麦!」と唱和して記念撮影。デカイ。大迫力。それま
でのマイナスを一気にひっくり返し、大盛況な感じに無理やりもっていった。



ムツゴロウ先生 「人のこころ 動物の心」 2011年11月

(いー、いー、ぎー、擬音多用)

 よーしよしよしよしよしのムツゴロウ先生こと畑正憲(はたまさのり、76)、すっかり白っぽい
おじいさんになった。「いきもの環境フォーラム in さかい」という生物多様性を考えるフォーラ
ムの特別講演でみくに文化未来館に登場。
 しかしどうでもいいけど、この手のイベントはひらがなばかりだな。こころは心、せいぶつは生
物、さかいは坂井、みくには三国でいいんじゃないか。

(意外と普通のおじいさんに落ち着いた)

 話はタスマニアでどうしたこうした、アラスカでどうのこうのとあちこちに飛ぶが、どれも面白
い。ムツゴロウさんはひとつひとつ簡単に流していくが、常人にしてみればどれひとつ取り上げ
ても一生に一度の大冒険にあたる。その濃縮加減たるや、いつまでも聞いていたい。
   
(おじゃまっテレで馬の出産)

 北海道の「ムツゴロウ動物王国」も東京サマーランド内の「東京ムツゴロウ動物王国」も実際
は赤字垂れ流しで、ムツゴロウさん個人の著書や講演やテレビ出演で動物やスタッフを食わ
せてきたようなものである。特に東京の王国は犬猫馬くらいしかおらず、あとはムツゴロウさん
のパネルで埋めているお粗末なもので、すぐに閉園となった。

 講演の後小学生を檀上に上げて質問タイムとなる。進行は福井放送「おじゃまっテレ」という
ローカルワイドショーで人気の伊藤裕樹アナウンサー。冒頭「おじゃまっテレ!」とかまして、
「先生すみません、自分の番組の決めゼリフです」と照れる。
 ムツゴロウさんだんだんノッてきて、伊藤アナウンサーを使って馬の出産を実演したり、小学
生にお約束の「よーしよしよしよしよし」の可愛がりをしたりと、やりたい放題である。

(そもそもムツゴロウさんを知ってるかなー)

 しかし、「ムツゴロウ先生のウチには動物が何匹いますか?」「初めて飼った動物は何です
か?」小学生の質問に対し、ムツゴロウ先生の答えが少々見当はずれだ。「人間の躰には何
十億という動物が住んでいる」「空気中には無数の動物がいて」。それもそうなんでしょうけど、
そんなことを小学生が訊いているんじゃないんだがなあ。伊藤アナが「犬や猫ちゃんたちはど
のくらい飼ってらっしゃるんですか」といちいち軌道修正してあげて、まともな答えを誘導してい
る。

(先生ご満悦、公立小学校も制服なんだ)

 ムツゴロウという愛称は、寝姿からつけらられたあだ名で最初は嫌だったが、こだわらない
性格なので自分でも使うようになったとのことである。
 考えてみれば二人といない異色タレント、先生いつまでもお元気で。



関口知宏 日本再発見〜出会い・ふれあい〜 2011年11月

 NHK『関口知宏の中国鉄道大紀行』など鉄道旅シリーズでおなじみというか、これでしかお
目にかかれない関口知宏(せきぐちともひろ、39)の講演をみた。祖父佐野周二、父関口宏、
母西田佐知子の一人っ子で小中高大すべて立教。360度ボンボンである。
 主催は福井県人権擁護委員連合会の人権啓発フェスティバル。『みんなで出かけよう希望へ
の旅』というテーマの「旅」の字に強引に結び付け呼ばれたらしい。


(183cmの長身)

 『むちゃぶり』である。

 講演が始まったが調子が出ない。本人は早く得意の撮影余話に行きたいのだが、聴衆はそ
もそも「誰?」という低い位置からスタートしていて反応が無い。これではマズイと感じたか、「西
田佐知子は同じ韓流ドラマを6回も見まして」「関口宏より母の方に似て」と急に親の話をする。
おいおいここで「つかみ」に戻るんかい。

 少し手応えが出てきて、強引に中国や韓国、トルコの話に持ち込む。ああ見えて関口知宏は
極度の方向オンチとのこと。母親の血だそうだ。
 関口は朝ディレクターに「今日はどこそこを曲がり、どこそこへ向かう」と段取りを聞かされ
る。しかし早々に道を見失い、撮影クルーもあえて正さず自由に泳がせる。路地に迷い込み、
住民に道を尋ねふれあいが生まれる。

(サラブレッドの脆さ)

 関口は役者やタレントがペラペラしゃべり続ける旅番組にしたくなくて、出来るだけ役者のオ
ーラを消して撮影に臨んだそうだ。大丈夫適任です。
 心に垣根を作らず誰とでも接することで日本を知る、となんとなく人権っぽくまとめて終了し
た。

 実は旅番組に出会う前、迷いの時期を迎える。俳優になって約5年、28歳から31歳までの
2001年前後、東京のマンションの契約を更新せず、子供時代の思い出が詰まった伊豆に引
きこもって僅かな仕事しかしなかった。
 「やりたい」と希望する仕事が手の中をすり抜け、興味がない化粧品を笑顔で紹介する。東
京はウソばっかり、嫌気がさして廃業を考えた。

 中国の旅が終了した2007年に、一旦旅番組から引退を前向きにコメント。でも仕事を選べ
るポジションまで来ているの?



西園寺一晃 「周恩来と日中関係」 2011年5月

主催:NPO福井県日中友好協会、共催:福井新聞、講師:西園寺一晃(さいおんじかずてる)

(西園寺一晃)

 西園寺一晃の父は参議院議員を経て日中の民間大使として活躍した西園寺公一(きんか
ず)、公一の祖父は元老西園寺公望であるから、藤原時代から続く公卿の名門である。
 一晃は昭和33年中学3年の時に父母弟の一家4人で北京に移り住み、北京大学を卒業す
る。その10年間を「青春の北京」という本にまとめた。
 移住時は「大躍進運動」の最中で、人民の意識は高く精神は高揚し、町はチリひとつない輝
かしい時代であった。後年の文革で迷走後の中国しか知らない者には、ちょっと想像しずらい
かもしれない。

(会場は福井新聞風の森ギャラリー、無料)

 子供でも「ぼくたちは学校にいて、いつのまにか自分が偉いみたいに思えていて、労働者の
油に汚れた手や、農民のコヤシのついた着物をみると顔をそむけることがある。ぼくはこういう
考えを打ち破りたい。思想を労働者、貧農に近づけるよう改造したい」くらいのことを言った。
 下郷労働先の農村老人の言う「国民党、地主、地方軍閥、日本鬼子に幾重にも苦しめられ
てきた。生地獄じゃ。何度死のうと思ったかわからん。でもわしらは解放されたんじゃ。毛主席
と解放軍が救ってくれたんじゃ。わしら何千何万回毛主席万歳と叫んでも足りないわい」は時
代の本音であった。
 一晃は子供らしい素直な目と素直な感想をつづる。外国人という特恵もあったが、できるだ
け現地の学生に交わりすぐに受け入れられていく。

(青春の北京 中公文庫)

 「青春の北京」は王将がサラリーマンの幼年期、休日に何度か読み返した。なぜか文革に興
味があっていろいろな本を読んだが、後付で文革を批判するものばかりだったので、見たまま
書かれた「青春の北京」は貴重であった。
 それとは別にこの人は今どうしているのか、日中友好の名誉職を渡り歩いて捨扶持でも貰っ
ているのだろうか、西園寺家といっても今の時代神通力があるわけもない、中国語でも教えて
いるのか、勝手な想像しているうちいつしか忘れてしまった。
 福井新聞で目にした時は、あの紅顔の美少年が、まあでもそれもそうかと思った。経歴を確
かめると意外や意外、朝日新聞を定年退職して講演活動をしている。ちゃんと働いていたんだ
な、失礼した。
    
(面影がありますな)

 ネットでは評判が悪い。「創価学会寄りの活動が目立つ。周恩来との会見談に誇張がある」
というものだ。まあしょうがない。日中国交正常化の陰に公明党の尽力があったのは周知の事
実であるし、その関係で講演などの需要も多いのだろう。体験談も何度も話しているうちに飾ら
れていくのは不思議なことではない。
 福井は日帰りで質疑応答の時間もなく、多忙なご様子である。



夏休み特別企画 吉本隆明『ひきこもれ』批評 2010年8月

 連日の猛暑で線路が無駄に延びるように、脳のニューロンもでたらめにつながっている。こ
れではいかんと反省し、ひとつ難しい本でも読もうと図書館に行った。吉本隆明があった。日本
の知性、難解な思索、不敗の論客、吉本ばななの父、よしこれだ。これまで畏れて敬遠してい
た。相手に不足はない。

 「ひきこもれ」は吉本に対するインタビューをまとめたもので、エッセーに近い軽い読み物であ
る。まあこの辺から入るのが手頃で、挫折せずにすむだろう。
 今時の高校に読書感想文なんかないとは思うが、そのかわり受験が身近になるにつれ小論
文を書かされる機会も増える。「これまでに感銘した本」などというテーマが与えられたらすかさ
ずこの「ひきこもれ」を挙げ、遠慮なく吉本隆明を批判する。高校生の分際で吉本隆明を叩け
ば、たいしたものである。内容が「ひきこもり」や「いじめ」なので、適当に時事ネタや体験談を
折り込んでいけば、自在に長さも調整できる。ひとつ仕込んでおけば、論文試験も面接試験も
おそれる必要はない。
 コピペいっさい無しの全文オリジナルである。安心してパクッていただきたい。


「ひきこもれ、吉本隆明、大和書房、2002年12月刊、1400円」


    吉本隆明『ひきこもれ』批評
                                     3年B組   江坂 王将

 「ひきこもり、いいじゃないか」。冒頭吉本は、「ひきこもり」はよくないので、ひきこもっている
奴は何とかして社会に引っ張りだしたほうがいい、といった考えに到底賛同できないと異を唱
える。その理由は、職業の大部分がひきこもって仕事をするものや、一度はひきこもって技術
や知識を身につけて一人前になるものだからだ。家にこもって誰とも顔を合わせずに長い時間
を過ごすのは、まわりからは一見無駄に見えるかもしれないが、どんな職業にもかならず必要
だと思う、と吉本は言う。
 そして、ひきこもっている人たちを、何とか世の中に引っ張りだそうと活動している素人の人
たちの危険性を指摘する。一例として、スーパーの店長をしていた人がひきこもりの人を集
め、普通の人と話し合ったり一緒に遊んだりする場をもうけるボランティアをやっていることを
挙げる。

 引っ込み思案や孤独癖で世の中と折り合えない人にとってひきこもりは必要な時間だから赤
の他人の素人に口を出される筋合いはなく、また、限界を超えて病気の範疇に入ってるひきこ
もりの人たちは医者や心理学者など専門家の力が必要であって、新鮮で安い商品を仕入れた
り陳列したりしていたスーパーの店長が手を出すのは百害あって一利なしである、という。
 さらに、見ず知らずの人にいきなり危害を加えるような事件の容疑者が、家からほとんど出
ないで暮らしていると「ひきこもり」といっしょくたにされるが、そういう人はたいてい病院で治療
中で、医者の領域の問題であると切り捨てる。

 吉本の主張に違和感を覚えないだろうか。
 「ひきこもり」は、厚労省のガイドラインによると「さまざまな要因によって社会的な参加の場
面がせばまり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状
態」と定義される。一般のイメージでも、不登校に始まり、自室に数年から数十年ひきこもり、
外部との接触は食事・排泄・たまの入浴、それも家族の視線を完全にさえぎる工夫がなされて
いる状態だと思う。
 ひきこもって何をしているかは、それこそさまざまであろう。じっと思い詰めている人もいれ
ば、ネットやネットゲームに居場所を求めたり、コミックやフィギュアに耽溺するケースもあろう。
家庭内暴力が常態化していたり、働かないことを責められ親を殺傷する事件もわりと目にす
る。ひきこもりのきっかけも、いじめ、挫折、容姿、うつ傾向、統合失調症、怠業、罷業などさま
ざまである。

 しかし吉本の言うひきこもりは、「部屋にこもって勉強する」「山にこもって剣術修行する」とい
う意味にきこえる。それが問題視されるひきこもりの訳がない。どこの世界に、部屋にこもって
勉強する子供を嘆く親がいよう。
 また、吉本自身定職を持たず稼ぎがない時期があって、「ぼくもひきこもりだった」と言う。そ
れは単なる雌伏の期間というものである。
 2002年の段階で「ひきこもり」ということをこの程度にしか認識できないというのは、知識人
としては優に失格であり、常人であっても結構「ずれ」ていると思う。
 不登校について書かれた部分も、少しおかしい。『「面白くないから今日は行きたくない、休ん
じゃおう」というようなことは誰にでもあることで、あまり問題にするのはおかしいんです』なんて
書いてある。

 あたりまえである。こんなことは日常であって、あまりどころかいちいち問題にならないのが普
通である。不登校は、こんな誰にでもある今日は気が進むだの進まないだのといったレベルの
問題ではないはずだ。
 さらに、不登校の人たちだけでかたまるのはよくない、一般社会の中にいて、不登校的な生
き方を貫いていくべきだと思う、と吉本は主張する。要は適当にさぼりながら何とか卒業するく
らいがいい、という。
 不登校はそんな浅い問題ではないだろう。不登校の原因は、経済問題と純粋な病気を除く
と、いじめなどの人間関係、無気力、発達障害、不安など深刻なものである。吉本の言うよう
な、授業なんか出るより本でも読んでいたほうがまし、といった「車輪の下」的な悩みとは次元
が違うのである。

 いじめについても変なことを書いている。「ぼく自身いじめ体験といじめられ体験がある」とい
うので読んでみると、何のことはない、もう予想はついていたが子供時分のいじめっ子、いじめ
られっ子の話であった。インタビューの2002年当時、とっくに問題になっていた教室のいじめ
やいじめによる自殺のことは、意識にのぼらなかったのだろうか。
 吉本が論争に強いのは、立脚点が違いすぎて噛み合わないからではないか、という気がす
る。また、あちこちに体験談を仕込んでおいて、批評が及びにくいように構えているのではない
かとも思う。

 「ひきこもり」のような分りやすいテーマでは「ずれ」が表に現れやすかったが、本領の「共同
ナニナニ論」では難解な用語のデコレーションに阻まれて、バレなかっただけという気がする。
 そのうち「米兵に少女がいたずらされた」という報道を受けて、「ぼくもいたずらをしてよく親に
叱られた」などと言い出しかねない。とんだ枯れ尾花だ。
 吉本は、老齢により衰えたのか、もともとこのレベルだったのか、インタビューをまとめた編
集者の程度が低すぎて矮小化されてしまったのか。第三者であること望みたい。




TOP
TOP