将棋人

 将棋関連のページです。置かれた場所で指しなさい。


心王戦 2020年9月 BS朝日


(BS朝日)

 心王戦は、2019年5月にBS朝日で放送された企画名です。2020年9月に再放送があ
り、江坂はそちらを視ました。
 香川愛生女流三段が企業に出向いて社長と指し、つるの剛士さんが観戦するという番組で
す。

 1局目 平 手 〇香川−●レオス・キャピタルワークス社長藤野英人氏
 2局目 二枚落 ●香川−〇株式会社トリプルアイズ代表取締役福原智氏

 香川さんとつるの剛士さんがオフィスを訪ね、企業の宣伝含みで社員に業務内容や社長の
人望などを訊いて回ります。そして、社長室で社長にインタビュー後、卓上盤で対局します。
 香川さんは羽織袴の正装です。

 「心王戦」とは、これまた今どきのヤングには思いつかない、ポップでハイセンスでナウいフィ
ーリングネーミング。昭和のおエライさんの思いつきと見た。(笑)
 要は、社長をヨイショする企業PR番組で、局はスポンサー料を貰っている・の・か・な。
 テレ東のゴルフ番組のような、あからさまな集金営業企画です。これも、まー、必要な仕事な
んでしょうな。
 将棋連盟は協力すれど、協賛ではないようなので、香川さんは準公務ということになるのでし
ょう。

 つるの剛士さんが観戦・解説をしますが、肝心なところは連盟からついて行った無名の職員
に訊いています。知ったかぶりをしないところが、つるの剛士さんのエライところ。

 あれれ、1局目の藤野社長はアマ六段で、かなり強いな。角を切って飛車が成り込めば勝
ち、という筋に手が行けば、あやうく平手で香川さんが負けるところでした。
 うん、アマ六段は強い。

 心王戦は今のところ、この2局で途絶えていますが、この先も続くのかどうか分かりません。
コロナ禍で企業にも余裕がないでしょうからね。




藤井新棋聖誕生(2020.7.16)

 ♪ You are the ダンシングクイーン Young and sweet Only セーブンティーン

 藤井聡太七段(17)が渡辺明棋聖(棋王・王将、36)に3−1で勝利し、棋聖位に就きまし
た。藤井時代の本格幕開けです。
 藤井棋聖は終盤の計算が異様に正確で、互角で終盤に突入したら負け、と諦めさせる信用
があります。
 ワシも詰将棋やろうっと。

 大山康晴時代に将棋を覚え、中原誠時代、谷川浩司時代、羽生善治時代、そして藤井聡太
時代を迎えました。谷川時代は羽生さんの擡頭が早かったため、大正時代のように短期だっ
たのですが、立派な覇者です。
 この5人以外にも、加藤一二三さんや米長邦雄さん、森内俊之さん、渡辺明さんら強豪はい
るのですが、いずれも諸侯であり覇者とはいえません。

 藤井棋聖はAI世代のゼロ期生的な立ち位置にあり、ソフトで将棋を覚えたような1期生以降
が育ってくるとどうなるか読めないところがあります。江坂は、藤井棋聖の強さは天稟のもの
で、1期生以降を30年は寄せつけない可能性が高いと予想します。

 江坂は、前期藤井時代に寿命が尽きるんだろうな。




藤井クン大逆転(2020.7.14)

 ♪ 苦しくったってー

 「ホテルエミシア札幌」で行われた王位戦第2局は、藤井聡太七段(17)の大逆転勝利でし
た。
 木村一基王位(47)が冴えた指し回しで勝ったも同然の最終盤、藤井クンが土俵の俵の上
を半周するような持ちこたえを見せ、体を入れ替えました。

   
(藤井七段と木村王位)

 コロナの影響で大盤解説のかわりに、道新電子版の会員サービスで野月浩貴八段(47)、
久津知子女流二段(47)のオンライン解説会がありました。
 本当だったら、ホテルの大盤解説で生の藤井クンが見られたところです。コロナめ。
「あれ、画が、遅れて、視えるよ」
音声が先に届く、逆いっこく堂です。まあ、見る分には支障ありません。

 どう見ても木村王位の勝ちなのに野月八段は、
「まだ分かりません」
と引っ張ります。
 ところがえらいことに、本当に分からなくなり、藤井クンに勝ち目が出てきました。「勝負は下
駄を履くまでわからない」は、決着がついて帰り支度するまで安心できないという例えですが、
帰る手間のない自室で見ているだけなのに、大揺れの展開に気持ちが悪くなりました。

   
(デジカメとスクリーンショット)

 本局、藤井クンにいつもの良いところが無く、粘っている間に相手があせって転んだまでで、
苦い勝利となりました。




タイトル戦超過密日程(2020.7.8)

 コロナの自粛要請明けで、待たされていたタイトル戦がギュッと集まり、日程が非常にタイトで
す。現在同時進行中のタイトル戦は下記の4棋戦。
 八大タイトルを分け合う4人に、次代の覇者藤井クンを加えた頂点の5人が、入れ代わり立
ち代わり戦います。
 全国各地で転戦するため移動にも前後1日取られ、合い間合い間に順位戦や各予選も戦わ
なくてはなりません。
 藤井クンは学校だってあります。

 お笑いにたとえると、M−1、R−1、キングオブコント、THE Wを争いながら、オールスター
感謝祭、IPPONグランプリ、ENGEIグランドスラム、そろそろ にちようチャップリン、ネタパレ、ウ
チのガヤがすみません!などで必死に爪痕を残そうとするようなもの。 (・_・?)ん

 叡王戦:永瀬拓矢叡王,王座(27)  VS 豊島将之竜王,名人(30)
 棋聖戦:渡辺明棋聖,棋王,王将(36) VS 藤井聡太七段(17)
 名人戦:豊島将之名人,竜王(30)  VS 渡辺明棋王,王将,棋聖(36)
 王位戦:木村一基王位(47)     VS 藤井聡太七段(17)

 ここに羽生さん(49)がいないのが不思議でなりません。




第4回おたる将棋冬まつり 2020年1月11日(土)、12日(日)

 小樽駅前商店会と小樽将棋連盟主催の「おたる将棋冬まつり」が開催されました。
 今年の目玉は都成竜馬六段(となりりゅうま、30)です。NHK将棋講座の司会を務め、棋士
としてはイケメンに分類される花形棋士です。プロ入りは少しモタついて遅れをとったものの、
活躍が期待される逸材です。

   
(少し眠たげ)

 都成さんが、机の間を縫って3人で1チームの子供の部をのぞいて回ります。まるで脂のの
ってきた教員のようです。
(お疲れのようだなー)
移動、歓迎会、一日目、そして今日の二日目と、疲労が出てきたのでしょう。眠気を払うように
頭を振るのが見えます。あ、夏の背広だ。九州出身で、まだ若いから夏物しか持っていないの
かな。逆にフレッシュにみえるからイケメンは得です。


(六面指し)

 今年は、3つの部に分かれて争いました。
  ●一般の部:先着順にエントリーのトーナメント
  ●S級の部:招待の道内アマ強豪8名のトーナメント
  ●子供の部:小学生以下が3人で1チームの団体戦

 一般の部とS級の部に分けたのは、例年結局常連の強豪が勝ち上がってしまって興を削ぐ
ので、あえて強豪を分離したためです。


(自力で解けたらS級)

 会場に都成作の詰将棋と次の一手問題がありました。この次の一手問題は、都成さん畢生
の大傑作でした。どれだけ傑作かというと、正解者は3人だけ。それもS級の上位の人という、
まぐれ当たり出来ない難問です。クイズなら、東大王のような実力者でなくては解けないタイプ
じゃないかな。

 「このイベントのために作ってきました。棋士仲間に出題したら、解けない人もいました」
こんな地方のイベントにもったいない。是非、将棋世界誌に発表してほしいと思います。御覧の
皆さまは、盤に置いて駒を動かして考えて、そして驚いて感心してください。安易にソフトにかけ
ちゃだめですよ。(正解は、日を置いてここに追記します)


(対中飛車角道不突き左美濃、マイナビ、1540円。昇竜拳!)

 江坂は都成さんの背後に回り、左肩を指で突っついて振り返らせました。そして、著書の『対
中飛車角道不突き左美濃』とサインペンを差し出し、片手で拝んでサインを貰いました。
「ありがとうございます」とサインしてくれました。

 「都成先生は、あさって(1月14日)大事な順位戦がありますので、今日じゅうに帰らなくては
なりません。交流は短めにお願いします」
都成さんの挨拶の後、司会が注意喚起します。
(先にサイン貰っといて良かったー)


(締めの挨拶)

 都成さんは、そのあさっての順位戦で門倉啓太五段に無事勝ちましたので、遡って小樽はゲ
ンのいい場所になったと思います。江坂もネットで勝ちを知り、ホットしました。こんなにホッとし
たことはありません。




JT杯北海道大会 2019年8月

勝  者:広瀬章人竜王
敗  者:久保利明九段
解  説:松尾歩八段
聞き手役:宮宗紫野女流二段
読み上げ:久津知子女流二段
常務理事:鈴木大介九段

(広瀬章人竜王、久保利明九段)

 毎年恒例、JT杯二回戦北海道大会が札幌コンベンションセンターで開催されました。
 江坂が客席に座っていると、2席前の斜め前に、鈴木九段がちょこっと腰を下ろしました。定
位置とかそういうことではなく、空いたイスがあったから子ども大会の表彰式まで待機という感
じです。
 周囲の客が誰も鈴木九段とは気づかず、(チョット失礼)と手刀切って鈴木が膝を倒して作っ
たスペースの前を通ったりしていたのが、おかしくてなりませんでした。


(常務理事鈴木大介九段)

 こども大会の決勝戦が終わって、いよいよプロ公式戦です。
 久保の先手で始まりました。久保が中飛車片美濃から片銀冠、広瀬は居飛車の舟囲いから
金銀密集形に玉を固めます。
 広瀬が△8四飛から△7四飛と力を溜めました。久保の駒が上ずってしまい玉形が薄く、広
瀬の△1三角の覗きから△7九角成という超単純な狙いを阻止する手段がないくらい、久保の
不出来な将棋でした。結果的に広瀬の大楽勝です。


(松尾歩八段、久津知子女流二段)

 解説の松尾さんは、三上博史のような後ろ髪です。宮宗紫野さんは、遠目ではどんな顔か分
かりませんでした。

 いつもの甲高クンは知人と、江坂の席から7,8メートル向こうに座っていました。何かしゃべ
っているな、と分かるような甲高い声がここまで聴こえてきます。
 江坂のところからは見えませんが、きっと周囲の人も甲高い声に驚いて、振り返ったりしてい
るんだろうなと思いました。


(いつもの甲高クン)

 やがて甲高クンはわざわざ江坂の席まで来て隣に座り、藤井聡太の扇子の写真をくれまし
た。森下(卓九段)さんが甲高クンに扇子を贈ってきたそうです。
 「大志」と藤井クンの揮毫と署名がありますが、不思議なことに段位が書かれていなく、「藤井
聡太」という姓名と落款があるだけです。小生がそれを指摘すると
「そーなんだよね、森下さんはどーして送ってきたのかな」
と言っていました。


(JT杯選抜棋士署名手ぬぐい)

 いつものの封じ手クイズ投票で江坂は見事正解し、抽選で参加棋士12名の署名の手ぬぐい
を貰いました。なんか貰えるとウレシイね。


(ピース)

 最後は勝者のお見送りで、広瀬竜王は観客全員と出口でハイタッチでした。
 (知恵者がいるなー)と内心感心しました。これまでの握手よりずっと棋士の負担が少なく、時
間も要しません。
 広瀬さんは、抽選会のときからお見送りまで、終始ニコニコでした。やはり棋士は勝つことが
一番。勝利直後ならカンチョーしても許してくれます。(←そんなわけあるか!)




将棋部OB会(2019年12月)

 おっさんずラブ in Otaru

 令和最初の小樽理容短大将棋部OB会が、小樽市花園の「おたる政寿司本店」で開催され、
14名(道外5名、道内9名)の参加がありました。過去最多です。
 店は観光客を当て込んだ大箱で、将棋を指すスペースも取れました。江坂は全部負けまし
た。

 現在は還暦過ぎても働くのが常態で、江坂のような無職の刑期満了は3名、残りの11名は
無期懲役です。刑期満了の3名はどういう訳か3人とも独居老人で、出所したのに独居房とい
うシュールな構図です。


(全員理容器具販売業者になりました)

 各人の近況は、子供が独立するタイミングが数名、親の介護かその予備軍が多数、兄弟以
外に縁者無しが2名でした。
 この先自身の病気や介護が、いや、それはもう少し先か。

 早めに小樽に着いた先輩2人と江坂で、学生時代のスナック「和」などがあったガード下を巡
りました。建物はどこもほぼ現存していましたが、看板が何度も変わった跡がありました。

 土曜の夜でしたが、都大通は人っ子一人なく、映画のオープンセットのようでした。ツルハドラ
ッグとココカラファインのLEDが、かえって寂しさを浮き立たせます。




東急将棋まつり 2019年8月12日(月・祝)

先 手:広瀬章人竜王(32)
後 手:佐々木慎六段(39)
解 説:屋敷伸之九段(47)
聞き手:石高澄恵女流二段(52)
持ち時間各20分の30秒将棋

先手:広瀬章人竜王
後手:佐々木慎六段
手合割:平手

▲2六歩 △3四歩  ▲7六歩  △4四歩  ▲4八銀  △4二飛
▲6八玉 △6二玉  ▲7八玉  △7二玉  ▲5六歩  △3二銀
▲7七角 △4三銀  ▲5七銀  △8二玉  ▲2五歩  △3三角
▲8八玉 △9二香  ▲9八香  △5四銀  ▲6六歩  △9一玉
▲9九玉 △8二銀  ▲8八銀  △5二金左 ▲5八金右 △7一金
▲7九金 △6二金寄 ▲6八金寄 △7四歩  ▲7八金寄 △4五歩
▲9六歩 △9四歩  ▲3六歩  △7二金寄 ▲8六角  △4三飛
▲7五歩 △同 歩  ▲同 角  △5一角  ▲5五歩  △同 銀
▲2四歩 △7四歩  ▲8六角  △7三角  ▲2七飛  △4六歩
▲同 歩 △同 銀  ▲4四歩  △同 飛  ▲5三角成 △5五銀
▲4四馬 △同 銀  ▲4一飛  △1九角成 ▲2一飛成 △3八角
▲2五飛 △4七角成 ▲6八銀  △3六馬  ▲6五飛  △5七歩
▲5二歩 △5八歩成 ▲5一歩成 △6八と  ▲同 金寄 △5四馬
▲1一龍 △6五馬  ▲同 歩  △6六香  ▲6七香  △同香成
▲同 金 △2七飛  ▲7七金  △7五香  ▲7六歩  △2九飛成
▲6一と △5五馬  ▲7一と  △同 金  ▲7八金打 △7六香
▲同 金 △6七桂  ▲7七角  △7九桂成 ▲同 金  △6七銀
▲6九香 △7八金  ▲6七香  △7九金  ▲同 銀  △同 龍
▲8八銀 △7八銀  ▲7九銀  △同 銀成 ▲5五角  △7八金
▲8八金 △5五銀  ▲7三桂  △同 銀  ▲7一龍  △5三角
▲8一龍 △同 玉  ▲7七金打 △8八金  ▲同 玉  △7八金
▲同 金 △同成銀  ▲同 玉  △3八飛  ▲6八金  △8八金
▲7七玉 △6八飛成 ▲同 玉  △5六桂

まで136手で佐々木慎六段の勝ち


(佐々木慎六段、広瀬章人竜王)

 席上対局は非公式戦ながら、力の入った将棋でした。佐々木慎六段は竜王に勝っておきた
いし、広瀬竜王は冒頭屋敷の解説で「竜王」「竜王」と持ち上げられたので、負けるに負けられ
なくなりました。そのせいか相穴熊です。

 若い頃の佐々木六段は、野武士のような風貌で、米長さんが
「いい男、だね。宮本武蔵みたい、だね」
とホメていました。今は中年太りのパンパンで、オモシロイ顔になってしまいました。

   
(丸い顔佐々木慎六段、長い顔広瀬章人竜王)

 佐々木の△7五香の犠打が好判断で、歩を打たされた広瀬の攻めがガクンと遅くなりまし
た。(この勝負もらった!)という佐々木の心の声が聴こえ、△7九金の指がしなるのを目撃し
ました。

 屋敷九段が、「ぜひ東急様でお買い物をしていってください」「タオルを忘れてしまって」「じゃ
東急様で買ってってください」スポンサーに対するお愛想を忘れません。
 (棋士が普通にそういうことを言うようになったか)、感慨深いものがあります。
 大山さんと米長さんのふたりは例外的に営業センスがありましたが、他の昭和棋士は新聞
社やスポンサーを家来くらいにしか思っておらず、いつも威張っていました。


(久津知子女流二段、高野智史四段、石高澄恵女流二段、山本博志四段)

 二局目は、リレー将棋です。
 高野智史四段・久津知子女流二段ペアvs山本博志四段・石高澄恵女流二段ペアです。
 双方、母親と長男の年齢の組み合わせです。昔は、女流といえば花を添えるのがお役目の
うら若き女性だったのに、いつの間にか逆転してしまいました。
 山本・石高ペアの勝ち。

   
(貞升南女流初段大笑い、いつもニコニコ屋敷伸之九段)

 「ほーそんな棋士がいるんだ」高野も山本も初めて知りました。山本は正座が苦しいのか、客
席から見えない方の足を横座りにしてひねったり、盤面に没頭する態で前かがみになって尻を
浮かせたり、とご苦労様なことです。

   
(トマホーク山本博志四段、高野智史四段祈り)

 それにしてもリレー将棋なんていう、つまらん企画をよく実行するものです。そんなものより、
屋敷VS高野もしくは屋敷VS山本、あるいは石高VS貞升、久津VS貞升など、今回予定にな
いシングルマッチの組み合わせがまだあるだろ、と思いました。




布将棋盤

 ♪ キャンパスの噂広がる

 布将棋盤は駒を打った時の手ごたえが弱く、指した気がしません。木と布は別物ですから、
布に木の感触を求めるのは間違っています。しかし、もう少し折り合いのつく素材があるような
気もしていました。


(傑作:青野照市九段の五手詰)

 とうとう発見しました。画材のキャンバス地です。絵の具を塗る白い面を内側に折って、木工
ボンドで貼りあわせてみました。

 適度な硬さと、麻の色と手触り。柔らかいベニヤ板みたいになりました。これは違和感なく良
い感じです。大人の将棋ファンも満足でしょう。
 マジックで線を引きましたが、ミシンだったらどんなにいいでしょう。ミシン掛けで木工ボンドを
省略できれば、もう少し柔らかく軽量化できます。




激指15

 ♪ サライの空へ

 「激指15」を、将棋世界10月号挟み込みの振込票(11,059円)で購入しました。
 強いなー、強い。
 大昔に買った「激指2」でも勝てないのに、「激指15」は手も足も出ません。白鵬と土俵に上が
る気がしました。

(11,059円。アマゾンなら9,804円。ぶー)

 仕方ないので、2枚落ちで指してみました。
 あちゃー、2枚落ちでも勝てません。テキトーに指すと全部負かされます。振り飛車にしてガ
チガチに固めると少し勝てるくらい。
 いったい俺は50年何してきたんだ。同じ場所で足踏みしてただけじゃないか。無駄な人生で
あった。

 んー、さすがにマズイ。
 あわてて2階から先崎学九段の「最強の駒落ち」(講談社現代新書)を引っ張り出し、復習し
ました。
 とりあえず、「二歩突き切り」「銀多伝」の定跡をサライました。定跡を覚えるといくらか勝てる
ようになりましたが、それでも勝ち越せません。

 2枚落ちで負けるというのは、逆上がりが出来なくなるようなポンコツです。5歳の時からこん
なソフトに教われば、藤井聡太七段より強くなれます。たぶん。




祝木村一基新王位(2019.9.26)

 ♪ なにはともあれ 祝杯を

 3対3で迎えた王位戦最終局に勝って、木村一基九段(46)が初タイトルを獲得しました。最
年長での初タイトルという記録つきです。

 木村さんは解説での砕けかたが面白く、万人に愛されるキャラです。ぜひ一冠はあげたい、
何とか奪取してほしいと、多くの中高年から声援を受けていました。
 敗れた豊島将之名人(29)も好きな棋士のひとりで、なんの恨みもないけれど、今回は譲っ
てくれてありがとう。

(第2局の木村一基九段)

 タイトル経験者に列するのと否とでは、その後の余生が大きく違います。たとえば、田中寅彦
九段や島朗九段は一冠経験者ですが、強い発信力を維持しています。

 大番頭で終わるかと思っていた人が、天下を取りました。たとえてみれば、菅官房長官が総
理大臣になったような感じです。




永山絢斗初段(2019.9.11)

 台本読まなくちゃいけないのに将棋を指したりしちゃったりしています

 将棋世界10月号の免状授与欄に、俳優の永山絢斗さん(30)の名前がありました。見事初
段獲得です。
 映画「泣き虫しょったんの奇跡」の出演がきっかけで、初段を允許(いんきょ)されました。


(本名=芸名で良かったね)

 最近将棋を題材にした映画で、神木隆之介、松山ケンイチ、東出昌大、松田龍平さんが初
段になっていますが、少し遅れて永山さんも昇段です。
 タレントさんですから名誉初段的な意味合いがあるでしょうが、神木さん東出さん永山さんは
ある程度指せるようです。




豊島王位2連勝 2019年8月

豊島将之王位(29) VS 木村一基九段(46)

立 合 : 島朗九段(56)
解 説 : 野月浩貴八段(46)
聞き手 : 久津知子女流二段(46)
ゲスト : 小林健二九段(62)
ゲスト : 渡部愛女流三段(26)
ゲスト : 行方尚史八段(45)

(久津女流二段、島九段、野月八段)

 京王プラザホテル札幌で、王位戦の大盤解説がありました。大ホールは超満員になり、急遽
もう一室開放し、大型モニターでつなぎました。
 15時からスタートしましたが、17時以降は会社帰りも詰めかけ、立ち見がぐるりと囲みま
す。将棋ブームなのか、働き方改革なのか、とにかく大人気です。

 第1局は豊島の快勝でしたが、本局は木村が完封勝ち目前の大優勢です。豊島は呻吟を続
けますが、会場はもう波乱の起きようもないリラックスムードで、野月の軽口に笑っています。

 島九段が降りてきて挨拶しました。局面は大差なので、あまり指し手に触れません。


(久津女流二段、小林九段、野月八段)

 続いて小林九段が登壇しました。小林九段は、藤井聡太七段の大師匠という立場の某講演
会の立ち寄りで私服です。
 木村が「勝ったも同然」の空気の中▲6六銀という失着を指し、豊島はすかさず△4五桂と飛
翔体を発射しました。これで木村の結界が破れ、急転直下です。
「やっちまったな」小林九段が天を仰ぎます。

 渡部が登場しました。渡部はニコニコ動画中継で、さきほど島が「行方八段は、今は、えー
と、行方不明」とボケたのをスルーしてしまい、トーク力を反省することしきりでした。


(渡部女流三段、野月八段)

 続いて行方八段が降りてきました。
 行方がちょうど控室に足を踏み入れた時に、この▲6六銀△4五桂の2手が指され、ニコニ
コ動画の評価値が2千点豊島に移動しました。
「今日は朝まで(木村に)つき合うか」行方は覚悟しました。

 木村は本領の「攻める受け」で粘るも、完封を食い破られた自陣はスカスカで、頑張りようが
ありません。
 解説者やゲストはさっきまで木村のエピソードで盛り上がっていたのに、一転して「豊島くんが
走ってきて興奮して話しかけられた」などと話のネタも豊島寄りに変わってしまいました。


(久津女流二段、行方八段、野月八段)

 木村、野月、行方の3人は同学年、屋敷は2学年上、この4人が北海道・東北ブロックで小学
生大会を戦ってきました。木村は千葉出身ですが、祖父母の家が北海道にあり、北海道の大
会に出場していました。
 とにかくおしゃべりが止まらないのが木村で、控室でもしゃべりっ放し、野月もおしゃべり、屋
敷もしゃべる方で、当時の行方はオドオドした感じだったそうです。

 29歳の豊島は油の乗った一番強い年齢、一方の木村は46歳でピークからだいぶ過ぎてお
り、ヨミも弱くなるが経験でカバー、というような微妙なフォローをされます。


(久津女流二段、豊島王位)

 危なげなく寄せられ木村投了。これで2−0です。
 「まだまだ分かりません」と野月はいいますが、(こんな好局を落とすようじゃあ、このシリーズ
4タテだろう)という気持ちが会場に充満しました。


(木村九段、野月八段)

 行方は「顔を合わせるのがツライ」と退場。5分して豊島と木村が入って来ました。
 木村は遠目にも弱々しく、首をうなだれたり、かしげたり、「どうすればよかった?」と力なく訊
くなど、まるで当確のバンザイ後に落選した候補者のような状態でした。




第3回おたる将棋冬まつり 2019年1月12日(土)、13日(日)

 野月浩貴八段
 渡部愛女流王位
 中井広恵女流六段

 成人の日3連休の初日と中日は、「おたる将棋冬まつり」が開催されます。江坂は、中日の
渡部愛トークショーから観覧しました。

   
(会場は小樽駅前第一ビル)

 渡部さんは、タイトルを獲って一番変わったことを訊かれ
「一般棋戦に出れるようになったこと」
を挙げました。
 会場から(ああそうか、なるほどなるほど)の反応がありました。女流王位を獲ってから、すで
に木下浩一七段、泉正樹八段、門倉啓太五段、川上猛七段に勝っており、過去に三枚堂達也
四段(現六段)にも勝っているので、対男性棋士5勝8敗だそうです。
 女流が男性に勝つと昔は大事件でしたが、今ではなくはない話です。
(江坂注:5勝6敗の間違いでは?)

   
(渡部愛女流王位)

 練習方法を訊かれ、野月八段と朝9時から一局だけ指し、昼までにパソコンに入力する。そ
してカフェに場所を移し、20時までパソコンの画面を見つめ一手一手検討する。沈黙の時間
が長い。その日に終わらなければ、別日に電話で続きをやる、とのことです。
 プロは何と奥が深いのか。感心するよりも、いささか辟易しました。


(小学生団体戦、半袖!)

 フリークラスの決勝戦だけ席上で行われ、野月さんが大盤解説をしました。優勝、準優勝、3
位の3人は有名なアマ強豪で、普段から練習する仲です。野月さんとも良く知る間柄で、結局
この3人が勝ち上がっちゃったね、ということなのでしょう。

 戦型は、先手居飛穴vs後手ゴキゲン中飛車穴熊です。中盤、後手は駒得で優勢でした。ここ
で江坂は寝てしまい、次に目を開けると同時に後手が投了するのが見えました。優勢を意識し
て、堅実な「と金作り」にいったのが遅い攻めで、逆転されたようです。


(中井広恵女流六段)

 会場に「野月作詰将棋」、「中井作次の一手」の問題と投票箱がありました。
 詰将棋は歯が立ちません。後刻、野月さんの解説で、合駒調べの15手詰と分かりました。
小学生の多いイベントでそれ出すかなー。

 次の一手は、人の良さそうなオジサンと強そうな小学生が検討していたので、江坂が横から
「8一飛は?」とさりげなく口を挟み、検討に加わる態で2人の結論をパクリました。
 カンニングにもかかわらず、抽選で羽生扇子と千円の商品券が当たってしまいました。なん
か悪いね。

(清正見知、竜王羽生善治)

 解答の発表のとき、中井さんに持ち駒の勘違いがあって、「4一飛と打つと・・・(アレ)・・・長く
なって・・・正解の簡明さに及びません」と急にゴマカシ口調になりました。
 あとで物陰で江坂が「飛車は後手の持ち駒だから、4一に打つ飛車はありませんよ」とささや
くと、
「あー、あら、そーですね、ありがとうございます」
と笑っていました。


(野月浩貴八段)

 閉会式で野月さんが
「女流王位に続いて、弟弟子の広瀬八段が竜王を獲って、北海道にタイトルが2つ来ました。
皆で盛り上げていきましょう」と上手く締めました。強くて愛想のいい八段が、北海道のイベント
全てに顔を出してくれるので、何と心強いことでしょう。

 日本将棋連盟小樽支部の40代の人を中心に、ボランティアが設営に走り回り、手作り感満
載のハートウォームなすばらしいイベントでした。




うつ病九段 先崎学

 表情が消え、能面にのようになり決して笑うことがない。

 すすきの産業大学(←ボケが古い)将棋部OB会会長から、「忘年会幹事の褒美に」本書を
贈られました。ありがとうございます。

(うつ病とは死にたがる病気)

 著者の先崎学さん(48)は将棋棋士九段で、棋戦優勝2回、A級経験者という一流棋士で
す。師匠は米長邦雄永世棋聖で、兄弟子にはあの林葉直子さんがいました。妻は囲碁の穂坂
繭三段で、成人のお子さんが複数いる模様です。

 近年では珍しい住み込みの内弟子経験があり、また意識的に中卒を選択してプロ棋士を目
指した昔気質です。中学時代すでに雀荘でビールを飲むようなやんちゃな無頼派で、歯に衣着
せぬエッセイや言動に人気がありました。

 先崎さんは2017年6月下旬からうつ病を発症し、入院・休場を経て、2018年4月の新年度
から復帰しました。入院期間約1ヵ月を含む10ヵ月弱を、闘病・リハビリにあてたことになりま
す。
 平素のエッセイは露悪的に面白おかしいものですが、本書は病状を淡々と正直に書きつづり
ました。うつ病患者の書いたものは案外珍しく、貴重な体験記といえます。

 うつ病の原因は、過度のストレスと考えられています。先崎さんが監修にかかわった、将棋マ
ンガ『3月のライオン』の映画化で、広報と権利関係の制約の調整でおかしくなりました。将棋
界を揺るがした「不正ソフト使用疑惑事件」の直後で、棋界を挽回させようと躍起になったのが
悪かったようです。

 うつ病を発症すると、起き上がることができません。頭は重く、死(自殺)のイメージが離れな
いため、早急に入院させ自殺を防止しなくてはなりません。
 投薬と静養で必ず治りますが、経過は人によってまちまちです。棋士のような好きが高じた
自律的・職人的職業より、他律的な環境のサラリーマンの方が治りにくいようです。

 ここで明確に断わらなくてはなりませんが、「うつ」と「うつ病」は別物です。「うつ」は、軽うつ状
態とか精神的不調で、憂鬱な気分をこじらせたものです。
 喫茶店で「アタシうつなの」なんて口にする程度は、ダルイ、カッタルイと似たようなものでしょ
う。エッセイストの安藤和津さんが、自著「介護後うつ」で、『13年の間、私はうつでした』と書い
ていますが、こういうのも「うつ病」とは違います。

 「うつ病」は精神病です。原因はうつと同じですが、突然発症するのがうつ病です。「うつ病」が
「うつ」の延長線上にあるのかどうか、メカニズムに分からないところあります。
 気の持ちようだの、根性なしだの、匙加減だろう、という雑な誤解を招くので、「うつ病」は名
称を変えるべきでしょう。

 幸い実兄が精神科医で、適切な処置がなされ、多くの過去事例から予見されるとおりの順調
な回復を示しました。しかしそれは傍目の観察であって、本人は病状を行きつ戻りつ苦しみま
した。
 7手詰の詰将棋が解けずに泣く、一般人と指してフルえる――数学教師が足し算が出来なく
なったり、小6の問題におびえる感じです。こんな風になるのか。

 2019年1月13日の北海道新聞に、「うつ病から復帰 将棋の先崎九段」というインタビュー
記事が載りました。
 記事は「今はすっかり元気になりました」と締められていますが、写真では痩せた顔が泣き笑
いのような表情を浮かべています。まだまだ影響が残っているように見受けられました。

 先崎さんは復帰したとはいえ、2018年度の勝率はぴったり2割で、これでは元に戻ったとは
いえません。発病前は勝率が5割台でしたから、少なくとも4割程度は勝たなくては治ったとい
えず、地位を維持することもできません。(お相撲さんのようにどんどん落ちていきます)

 一般人が職場復帰した場合、どのくらいの仕事から慣らしていくか、本調子までどのような経
過をたどるか、ひょっとすると完全に戻ることはない可能性など、研究途上です。先崎さんは、
回復度合いが数字で計れる特殊な職業なので、貴重なデータを提供すると思います。




将棋部OB会(2018年12月)

 おっさんずラブ

 平成最後の小樽医療大学将棋部OB会が、札幌狸小路の「牡蠣喰家来」で開催され、11名
の参加がありました。OB会といっても公式なものではなく、有志の親睦会です。
 首都圏から2名、道内でも他府県なら県外に相当するであろう遠方から2名、来ていただきま
した。

 上は江坂が1年生のときの3年生から、下は江坂のひとつ下までが集まりました。皆さん定
年近いか、定年延長で働いている人達です。


(全員レントゲン技師になりました)

 画像からなんとなく分かるとおり、卒業から40年も経つと、若々しい人とそうでない人に分か
れます。また、ダンディー系とジジイ系にも分かれます。

 小樽のTさんが、昔の写真を持ってきてくれました。歓迎会や合宿の写真です。よくぞ残して
いてくれたと感心しました。

 ある年の合宿で、酒を飲んで調子にのって踊ったバカが、救急車で搬送されました。このバ
カが急性アルコール中毒で死んでいたら「廃部」だったね、と大笑いしました。って、それワシや
ないかい!

 引退して1番暇な人が会長、2番目に暇な江坂が幹事長に選ばれました。




樽商祭2018

 ♪ ベビ ベビ ベイビー ベイビー ベイビー ベイビー ベイベ

 ひー、こんな山の上に大学があるのか。分校か。
 小樽駅から休み休み登ること40分、やっと小樽商科大学にたどり着いた。緑丘祭という学祭
が目的であるが、「丘」という表示は不適切である。

   
(キャンパス入口と講義棟。空が近い)

 あーっ、学生会館が新しくなっている。大昔はもっと貧相な建物だったような記憶がある。
 講義棟の入口に、「学内酒類持ち込み禁止」の貼り紙があった。以前、この大学のアメフト部
で飲酒強要死亡事故があって、その反省から敷地内は飲酒はおろかアルコール持ち込みも
厳禁となっている。

 テントで焼き鳥を食べてから、講義棟を視て回る。さして見る物が無い。一周して、カフェテリ
アで休んでいると、「商大くん」の着ぐるみがやってきた。次々記念撮影をせがまれ、意外な人
気にちょっと驚く。

   
(仮設ステージと学生会館と商大くん)

 布袋の『スリル』にのって、江頭2:50と寺田体育の日副総裁のコンビが登場した。
「よーしオマエら、今だけ写真撮ってもいいぞ!」
「だけどな、この後やるもっと過激なやつは、絶対撮るんじゃねぇぞ!」
「子供は目をふさげ!見るんじゃない!お父さんお母さんは、絶対訴えるなよ!」

   
(江頭2:50)

 江頭2:50は、黒タイツの股間に右腕を差し入れ、「ドーン」と突き上げる。ステージを降り子
供に駆け寄ると、「ギャー」と本気で逃げられる。相方の寺田体育の日副総裁が「ヤメロヤメ
ロ」と口では制しながら、もっといけもっとやれとドンドン煽っていく。

 さんざ好き勝手に暴れても、節目節目に二人が中腰で重なって、突き出した尻を振りながら
「ハイッ、おたる〜ショーカだいがくうー」とジングルを入れる。

   
(エガちゃんと三拍子)

 三拍子は手慣れた営業ネタで、コンスタントに笑いを取る。
 後日三拍子は、フジのENGEIグランドスラムの『芸人1000人にアンケート!!本当に面白
い芸人ベスト10』で第1位に輝いた。




第44回将棋の日 2018年12月

 「それやるのはたぶん増田さんですね」「これはホントのやつですね」

会場:天童市
出演:乃木坂46伊藤かりん、佐藤康光会長、森内俊之九段、鈴木大介九段、佐藤天彦名人、
見泰地叡王、渡辺明棋王、山崎隆之八段、戸辺誠七段、阿部健治郎七段、
遠山雄亮六段、都成竜馬五段、野智史四段、佐々木大地四段、本田小百合女流三段、
香川愛生女流三段、山口恵梨子女流二段、中村桃子女流初段、飯野愛女流初段、
塚田恵梨花女流一級

 天童市は4度目ですから、まだ回っていない府県があるようです。いずれ一周するでしょう。

 イベントは、かっちりテンプレートが固まっております。リレー将棋のあと、席上でタイトルホル
ダーが闘い観客が指し手を当てていく、次の一手名人戦です。
 解説の山崎八段が、見叡王と増田康宏四段の激似ネタをイジリます。

 観ていてイライラするのは、「次の一手」出題のタイミングです。序盤早々、角道を止めるか
開けたままにするか、というような作戦の岐路を問題にします。どの手も優劣の無い100点の
手で、正解はありません。
 『次の一手問題』なら、中終盤の最善手、次善手、凡手に分かれる局面で、最善手を見つけ
る問題を出すべきでしょう。
 また、序盤でセカセカ出題して、中盤の入り口で『次の一手名人』が決まっちゃうような、やっ
つけ感もいつも不思議です。




雷落とし(2018.11.26)

 バシッ!! そもそもテーマが年寄りだな!

 高校の将棋部で、社長というあだ名の子がいました。社長は、終盤嵩にかかって攻めると
き、「カミナリ手筋だぞー、ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!」と叫びました。
「何それ、そんな手筋あんの?」と部員が訊いても、
「だって有吉(道夫九段)の本に書いてあったもー」と、まともに応えません。
 おそらくウロ覚えで、ただ「ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ!」と云いたかっただけでしょう。

 40年たってふと思い出し、「カミナリ手筋」で検索してみると、「雷落とし」という俗称の手筋が
みつかりました。「カミナリ手筋」は社長の記憶違いか、もしくは当時そう呼ぶ人もいたのかもし
れません。

「雷落とし」は美濃囲いに対し、
 ▲4三歩成、△同金、▲6二歩、△7一金、▲同飛成、△同玉、▲6一歩成、△8二玉、
 ▲7一角成、△9二玉、▲8二金、△9三玉、▲7二金
と、こんな感じで殺到する筋です。

「雷落とし」という俗称は知らなくても、アマ初段以上は美濃崩し定跡をだいたい心得ているの
で、実戦でうまく決まることは滅多にありません。




将棋の棋戦称号(2018.8.30)

 ♪ アイ・アイ・アイ・ライク 演歌 アイ・アイ・アイ・ライク 演歌

 棋戦称号(前身棋戦から数えた沿革順)
  囲碁 : 本因坊、碁聖、天元、王座、十段、名人、棋聖
  将棋 : 名人、竜王、王将、王位、王座、棋聖、棋王、叡王

 囲碁と将棋の冠を並べてみると、どうしても囲碁界のセンスが光ります。
 特に「本因坊」は格好よく、5連覇もしくは通算10期で永世称号を獲得すると「本因坊○○」と
いう雅号までもらえます。近い例では、井山裕太さんが「二十六世本因坊文裕(もんゆう)」とい
う具合です。いいなあ。いいなあ。

 それにひきかえ将棋界は、8冠中6冠に「王」の字がつく芸の無さ。主催者が「ウチの王こそ
真の王者だ」と胸を張る感じで、まんじゅう屋の元祖、本家、総本家みたいです。
 「王」の字は王将までとし、棋聖を除く後発は名称を工夫してほしかったと思います。たとえ
ば、角行、宗歩、中旗、ドワンゴ、玉位・・・・・玉位はビリーさんのレポートによるとCLASSY.
[クラッシィ]というファッション誌に先にやられてしまったなー。

 また出来れば雅号もあってほしく、森内俊之さんなら「十八世名人宗俊(そうしゅん)」、羽生
善治さんなら「十九世名人宗善(そうぜん)」とかだったらいいなあ。
 でも江戸時代、将棋の家元は地位が低かった上、坊さんでもなかったから、雅号まで創作す
るのはちょっと無理か。




おめでとう豊島新棋聖(2018.7.17)

 将棋の棋聖戦で羽生善治棋聖(47)に挑戦していた豊島将之八段(28)が、3勝2敗で初タ
イトルを獲得しました。
 羽生竜王は1冠に後退し、あと1回に迫っていた通算タイトル獲得数100はお預けとなりまし
た。
   
(2015年のJT杯のときの豊島さん)

 またこれで、八大タイトルを1つずつ分け合う群雄割拠の時代に入りました。(なんとなく順)
  佐藤天彦名人
  羽生善治竜王
  渡辺明棋王
  久保利明王将
  菅井竜也王位
  中村太地王座
  豊島将之棋聖
  高見泰地叡王

 このバラけぶりは、七大タイトルの在位者が7人だった1987年以来31年ぶりとなります。
  中原誠名人
  谷川浩司王位
  桐山清澄棋聖
  高橋道雄棋王
  中村修王将
  福崎文吾十段
  塚田泰明王座

 七大タイトルが乱れた世を平定したのは、ご存じ羽生さんです。今回の八大タイトルの分散
現象は、藤井聡太七段が天下統一に向かう前触れのような気がします。

 来月八月に王位戦の大盤解説会があります。対戦カードが、菅井竜也王位 VS 豊島将之棋
聖というタイトルホルダー同士の激突に格上げされました。主催者の都合でA席からS席に移
されたようなラッキー感があります。




フェルト盤発見

 ♪ 笑って許して

 下の画像のフェルト盤は、高校生の江坂がミシンで縫ったものです。フェルトはお習字の下
敷きです。右下には赤い糸で、本名のカタカナの縫い取りもあります。
 このフェルト盤は、中原名人が「音がしないよう、おふくろに縫ってもらって、夜中も研究した」
というNHKのインタビューにあこがれて真似たものです。
 てっきり捨てられたと思っていましたが、母が絵筆を巻くのに使っていました。まあ廃品の再
利用ですから、一旦は捨てられたと同然です。

 さて、このサイトとリンクしている「びりたんのブログ」は、志尊淳激似の超イケメン(たぶん)
人気ブロガーびりたん様の乙女チックなブログです。
 びりたん様の商品レビューは秀逸で、江坂はひそかにリスペクトしています。そこで、少しでも
近づくべく、びりたん様のイタイじゃなかったステキな文体を真似た、オマージュ記事を書いて
みました。


  フェルト盤はけーんwww
 ───────────────────────────────
 

 にせもんたんが、コソコソ運んでいます。

 こっ、こりはまさしく伝説の失われたフェルト盤!!!

 このシロートにしかだせない曲線と、高級ベルベットのような質感。
 (↑だったらベルベットでいいじゃん…モゴモゴ…)

 

 さては、おまいがら隠してたな、
 くぅのおお((/`ω´)/ 。。。(( >ω<)ひぃぃぃぃ

 チーム偽悶丹「ワレワレは、テケトーな寄せ集めじゃないデスヨ」

 

 こんなところに王家の紋章が・・・

 

 ひと升は縦が30mm〜36mm
 横が23mm〜29mm

 

 総量は9g

 

 ぺち〜ん!&ぺち〜ん!! 音はしません。

 偽悶丹「やぎくるてんてーの鬼検品も楽勝デスヨ」

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 こういうパロディというかパスティーシュは初めてですが、画像に苦戦しました。
 びりたん様にはかないません。




駒台作成

 将棋の駒に続き、駒台も完成しました。これに大工さんの作った将棋盤を加えると、手製に
よる盤駒1セットが組み上がったことになります。
 どーぞどーぞ、遠慮なく暇人とお呼びください。


(端材の大きさにまかせたので、サイズが揃っていない)

 ホームセンターの端材詰め放題をみているうち、これとこれを積み木すると駒台になるじゃな
いかとイメージが湧きました。
 費用は、端材1袋216円、サンドペーパー5枚170円です。

 サンドペーパーで磨いて、木工ボンドで接着して終わり。面倒なので何も塗らず、白木のまま
で完成ということにしました。
 駒音も手ざわりも木の匂いもいい。プロが使うわけでないから、これはこれでいい。思いのほ
か出来栄えが良く、天才ではないかと自画自賛しています。


(左が市販品、右が自作)

 端材というのは、ホームセンターの有料資材カットサービスの工程で出た、布でいうハギレの
ことです。不思議と似たサイズが余るらしく、画像の駒台と、卓上盤の駒台用のちょうどいい材
料が2組分手に入りました。

 対局室に3組の盤駒が揃いました。やはり真ん中の、自作に一番愛着があります。


(手前から、二つ折れ平盤、手製5寸、市販4寸)




将棋駒作成

 30年前のことです。父方の祖父の遺品の将棋盤は、将棋好きの江坂ちゃんに自然にまわっ
てきました。駒は見当たらなかったようです。
 江坂は社会人になって地元を離れていましたので、帰省した折に押入れの将棋盤を撫でた
だけでした。

   
(サンドペーパーで削り、鉛筆で下書きしたところ)

 将棋盤は材木屋か大工か今となっては分かりませんが、出入りの職人が見よう見まねで工
作したものです。罫は大工道具の墨で引かれ、ニスが施されて家具のような仕上がりです。
 材料は、材木屋の廃材のようで、おそらくマツでしょう。非常に硬い木で、駒を打つといい音
がします。木製の蓋も作られています。

 祖父はその昔、田舎で高級役人をしていて、出入りの職人がお愛想で作って持ってきたよう
です。役所の職員や出入り業者がこの盤で遊んだらしく、遠慮のないキズがついています。

   
(左が市販の標準的なサイズ)

 盤の厚みは5寸ありますが、画像の4寸盤とくらべると、縦横が標準の8掛くらいしかなく、飛
車角玉はマスからはみ出します。この盤に合う小振りの駒を探しましたが、そんなものは売っ
ていないので、盤は押入れにしまいっぱなしでした。

 しかしそれでは盤がかわいそうなので、駒を自作することにしました。とはいっても彫ったり出
来ないので、安駒をサンドペーパーで削って、小筆で字を書き、水性ニスを塗りました。

   
(盤の手前と向こうの側面に、なぜか和紙が貼られている)

 書体は源兵衛清安を手本に、何回かお習字をしました。さらに鉛筆で下書きし、一発勝負で
書きました。うまく出来なかったところもあえて直さず、これも「景色」だ、と主張しています。

 自作してみて何がツライって、歩の数が多いことです。削っても削っても作業が終わらないの
で、憎々しく思えるほどです。
 本職の駒師に「歩が多くて嫌になるでしょう」と訊いてみたいところです。

   
(駒と駒尻の銘)

 祖父は将棋が強かったと孫に自慢していましたが、高校生の江坂が試験したところ、せいぜ
い3,4級といったところでした。役所で強かったと言っていましたが、じょうずに花を持たせて
貰っていたのでしょう。わざと負けてくれたことにも、気づけない程度の棋力です。


(2階の対局室)

 床の間の前に盤を並べると、対局室みたいになりました。画像ではわかりにくいのですが、
掛軸も念珠も輪袈裟も自作です。
 撮影のときは除きましたが、実際には掛軸の下に遺影も4人分置かれています。




開運!何でも鑑定団

 福井市郷土歴史博物館で「象牙の水無瀬駒」「葵紋蒔絵の将棋盤」の展示があった。元将棋
博物館顧問熊澤良尊(くまざわりょうそん)先生のギャラリートークショー付きである。

 この盤駒は、「開運!何でも鑑定団」で世に知られ、駒2000万円、駒箱70万円、盤50万
円の評価がついた。依頼人は福井市の社長で、他府県の方から譲り受けたという。譲渡の条
件で、それまで所蔵していた人の情報は非公開である。


(葵の御紋)

 駒は素性が確かで、公卿水無瀬兼成(みなせかねなり)が5組象牙に墨書きしたものであ
る。ひとつは徳川家康、ひとつは豊臣秀頼、ひとつは足利義昭、ひとつは北政所の縁者と発注
者が判明しており、駒尻の『85才』のものは足利義昭のものであると特定されている。
 しかし、足利義昭は完成を待たず前年に没してしまい、縁者に渡ったという。


(飛車角から磨滅。象牙は文字を彫らないので消えやすい)

 2000万円は安いような気もするし、高いような気もする。
 晩年の足利義昭は、捨扶持を貰って無為に生きているだけの終わっている人物であり、しか
も直に手を触れることなく死去している。足利義昭による付加価値はほとんどないだろう。しか
し慶長3年の品がはっきり特定できるのは重文級である。

 ちなみに盤は江戸時代の徳川家もしくは松平家の婚礼調度で、見た目ほど価値はない。今
回の発見で、羽生と谷川が記念対局に使用したので、多少値打ちが増したことだろう。


(元将棋博物館顧問、熊澤良尊先生)

 質疑応答に移った。手を挙げて訊いてみる。
「飛車など使用頻度の高い駒から字が消えている。正しく使用されている。拝領された本物な
ら、字がすり減るまで使い込むものだろうか。プロ棋士でもないのに」
「貴重な物という意識はなく遊んでいた。娯楽の少ない時代、使い込んだものと思う。他に見つ
かった物も、同じようにすり減っている」
「ありがとうございました」




羽生名人 「夢をあきらめない」 (2014年5月11日)

 羽生善治三冠(王位・王座・棋聖、43歳)が、福岡県小郡市の秋月小学校で講演を行った。
森内俊之名人との第3局で佐賀県武雄市まで来たところを、引っ張ってきたのである。これを
書いている現在はこの名人位も回復し、圧倒の四冠だ。
 羽生名人の父親が子供のころ佐世保で5年暮らし、その時の同窓生が働きかけたのであ
る。もちろんそんな細い縁だけで呼ぶわけにいかない。長年「羽生善治棋士応援団」を組織し
て応援してきた積み上げがあってのことだ。


(秋月小学校)

 日曜日、余裕を持って早く出る。ふだん足を向けるところではないので、ついでに見て回るつ
もりであった。しかし西鉄で人身事故があり、遅れて何とか甘木までたどりつき、後はタクシー
で滑り込んだ。

(羽生名人降臨)

 体育館の前4列、児童が床に座っている。日曜なのに将棋の大先生が来たので駆り出され
る。その後ろ5列が父母で、その後ろがパイプ椅子の一般客だ。
 ギリギリに駆け込んだ勢いを利用して、父母エリアに紛れ込む。このへんの間合いや見切り
は、ずいぶん上達したと思う。

 羽生先生が役員席から立って話し始める。演題は『夢をあきらめない』。将棋道場に通った
頃。勉強の仕方、「暗記は歌を覚えるように覚えるといいです」。


(若いけど43歳)

 ものすごくつまらない。話が下手過ぎる。せっかくの日曜だというのに、児童に忍耐を強いる
だけだ。ある意味児童虐待である。もう少し気の利いたこと言えないか。
 小鳥が体育館に飛び込んできて、頭上を舞って、梁に止まったりする。児童も父母もチラチラ
目で追う。

(トレードマークの寝グセ)

 羽生先生も気がついたら四十路。早いな。40超えたら衰える世界だけど、羽生先生は「例
外」いや「別格」を感じさせる。相性の悪い森内竜王や渡辺明棋王を、近年克服しそうな予感も
ある。
 子供の頃は公文をやっていたくらいで、特別なトレーニングも伝説の修行もなく、ごく普通の
家庭で強くなった。羽生マジックという言葉もあるが、毎回ビックリ鬼手を出せるものではなく、
地力で勝っている。棋譜をみると、手順を尽くして中盤に少し引き離し、微差を維持したまま終
盤で一手争いをすることが多いように見受けられる。ミスが少ないのでだいたい勝てる。

 苦手な森内先生はタイプが似ているせいか、やり難そうである。渡辺先生はガチガチに固め
て逃げ切る現代感覚に傾斜しているが、案外中盤の駆け引きが巧く、ときどき羽生先生が完
封されてしまう。

(児童の質問に笑う)

 終了後父母がイスを片付ける。行きに乗ってきたタクシーを呼び乗る。黒田藩の支藩である
秋月藩のあったところで、周りは何もない。しかし甘木・朝倉はベッドタウン化してむしろ子供が
増えているそうだ。

(最接近)

 講演なんかつまらくて構わない。勝ち続けて人間の能力の凄さを示してほしい。




おめでとう香川愛生新女流王将

 平成25年10月23日、香川愛生(かがわまなお)女流二段(20)が里見香奈(さとみかな)女
流王将(21)に勝ち、初の女流王将に輝きました。また同時に、タイトル獲得により女流三段
に昇段しました。


(香川愛生女流王将)

 江坂の方のダメ王将は、「角落」で香川にこてんぱんにやられています。そんな縁もあって応
援していましたが、正直一番入れば(1勝出来れば)御の字と考えていました。まさか里見4冠
に本当に勝てるとはねえ。

 平成24年12月、福井の朝倉象棋大会に、室谷由紀(むろやゆき)女流初段と香川愛生女
流1級(当時)がゲストで登場。
 お二人は大阪と京都から同じ特急に乗り合わせて来ましたが、雪で延着したので、挨拶も略
して指導対局となりました。福井駅に降り立ち、あまりの寒さに驚いたそうです。


(室谷由紀女流初段)

 当時は、段位が一つ上で、学年も一つ上で、人馴れしている室谷が表に立ちました。それか
ら1年もたたないうちに立場が逆転、しかも2階級差がつきました。

 終了後、ひとりで何枚も色紙をねだる客がいて、少し恥ずかしく思いました。室谷は練習して
きた文字が尽きて苦笑い。
 帰りはタクシーの運転をしている参加者が駅まで送っていきました。ちょっといい話だな。





TOP
TOP